ラジオで日本を元気にする番組 『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』

毎週土曜日21時30分〜 TOKYO FMで放送中!
「日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中の『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』。
 今月のゲストは水野正人さん(元東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会CEO)と、宮坂 学さん(ヤフー株式会社代表取締役社長)。
第29回10.19OA
水野正人さん(元東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会CEO)



招致成功の裏側を語る

 今週は工藤公康さんがマンスリーゲストの回。そしてゲストは東京に決まった2020年オリンピック・パラリンピックの招致活動で大車輪の活躍を見せた水野正人さん。

 自然と話は招致活動と最終プレゼンテーションに。

「最終プレゼンがテレビで放送され、ハイライトとされていますが、招致委員会の事務局は夜を徹してみんなでいろんなことをやって、いろんなところで成果を上げてきた。2年間の招致活動のすべての積み重ねがあの最終プレゼン。裏には本当に多くの方々の協力があった。また最終的に92%の支持率をいただいた。そういうものがすべてうまく働いての招致成功だった」と招致委員会の活動を振り返った。

 水野さんはかつてスポーツメーカーのミズノの社長、会長を務めた。ミズノは以前、1998年からオリンピックのオフィシャルサプライヤーで、新しいコスチュームを紹介する役目だったという。「15年間そういう仕事をしていたので、IOC委員の方もよく知っているので緊張しなかった」という。

 でも唯一緊張したのがフランス語でのプレゼンだった。

 そして、8月中旬くらいまでは勝てるという感触を持っていた招致委だが、ある出来事から危機感を覚えた時があったという。その出来事とは…。
第30回10.26OA 
宮坂 学さん(ヤフー株式会社代表取締役社長)



11・3に自転車イベント開催

 ヤフーの社長に就任して1年半になる宮坂さんはTシャツで登場の若々しさ。

当時話題を呼んだ社長就任。

 会社の中で決めたのは4つのルール。それが「仕事を楽しもう」「判断に迷ったときはワイルドなほうを選ぼう」「1個のことを集中してやろう」「スピードを持ってやろう。爆速でやろう」の4つ。

「もともと自転車やトレイルランニングという時間がかかるスポーツが好き」という宮坂社長は11月3日に開催される「ツール・ド・東北2013」というサイクリングイベントの主催者に名を連ねる。

「競い合うのではなく、みんなで長い距離を走ろうというものなんです」

 きっかけは3.11だった。「当時社長ではなかったんですが。自分たちになにかできることを考えないといけないと思っていました。いつかあそこにたくさんの人が行く理由を作らなければ(誰も)行かなくなってしまうのではないかという気がしたんです。なにか文化的なイベントをすれば人は集まるじゃないですか。被災エリアが南北で400キロ。駅伝では距離が長すぎるし、エネルギー問題があるところで車のラリーというわけにはいかないですよね。となると自転車かなって」

 レースに出るお父さんだけ盛り上がって、お母さんや子供が暇してるというイベントではなく、一緒に行く人も楽しめるイベントになっているという。
11月2日はELLY/登坂 広臣(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、9日はEXILE MATSUさんが出演