第26回東京国際映画祭 グリーンカーペット名場面集

10月17日から25日まで、東京・六本木を中心に盛大に開催された『第26回東京国際映画祭』。国内外の豪華映画人が登場した、グリーンカーペットを名ショットで振り返ります!
 東京の秋の風物詩ともなっている、東京国際映画祭初日のセレモニー“グリーンカーペット”。今年は六本木ヒルズのアリーナ内に設置され、国内外から集結した約300人の映画人がエコ仕様のカーペットを歩いた。

 グリーンカーペットに最初に登場し観客の大歓声を浴びたのは、エレガントな黒のロングドレスをまとった、フェスティバル・ミューズの栗山千明。フェスティバル・ナビゲーターの斉藤工と山崎紘菜も、若い力で映画祭を盛り上げたいと意欲を見せた。グリーンカーペットを取り囲むファンたちが熱狂するのは、やはりセレブの存在だ。日本映画界からは、『オー!ファーザー』の忽那汐里、すべては君に逢えたから』の玉木宏、『捨てがたき人々』の大森南朋、『潔く柔く きよくやわく』の長澤まさみと岡田将生といったトップ人気の俳優陣が次々と登場。終盤には『清須会議』の三谷幸喜監督と主演の役所広司という“大御所”が登場し会場を大いに沸かせた。他にも、アニメ映画のヒロインを完璧に再現した橋本真帆や、人気アニメ『プリキュア』のキャラクターや声優陣とともに登場した谷原章介、円谷プロダクション創立50周年企画のウルトラ怪獣たちなど、個性的な面々も観客の喝さいを浴びていた。

 海外ゲストで注目を浴びたのはなんといってもこの2組。『ブリングリンク』のソフィア・コッポラ監督は、第25回高松宮殿下記念世界文化賞の式典のため来日していた父のフランシス・フォード・コッポラ、母・エレノアと親子3人でグリーンカーペットを歩き、これには映画ファンも大喜び。さらにハリウッドの大御所、トム・ハンクスが台風の影響でギリギリの到着となりながらも、余裕の笑顔で盛大にグリーンカーペットを盛り上げた。

 政界からは、稲田朋美、山本一太、茂木敏充、甘利明各大臣が出席。グリーンカーペットのラストには、安倍晋三内閣総理大臣が登場。栗山千明とともに、笑顔でカーペットを歩き、トム・ハンクスとも固く握手。国内外のトップスターの集結で例年以上に豪華なグリーンカーペットに酔いしれた夜となった。
NULL
東京国際映画祭終了! 今後のおススメ映画イベント情報はこちら!


第23回映画祭TAMA CINEMA FORUM

 1991年から開催されている市民手作りの映画祭。“日本一早い映画賞”となっているTAMA映画賞がすでに発表されており、最優秀作品賞に『さよなら渓谷』『横道世之介』、最優秀男優賞に松田龍平、最優秀女優賞に真木よう子、吉高由里子、最優秀新進男優賞には星野源と池松壮亮、最優秀新進女優賞に黒木華、刈谷友衣子が決定。授賞式と合わせて『舟を編む』『横道世之介』『さよなら渓谷』が上映される他、会期中には木下恵介監督作他多数の上映とイベントを開催。

昨年のTAMA映画賞では、『桐島、部活やめるってよ』などで注目を集めた橋本愛が最優秀新進女優賞を受賞した

【会期】11月23日(土・祝)〜12月1日(日)※11/25は休映【会場】パルテノン多摩大ホール/小ホール他【URL】http://www.tamaeiga.org/http://www.tamaeiga.org/
NULL
第14回東京フィルメックス

 独創的な作品を、アジアを中心とした世界各国から集めた国際映画祭。イランの映画監督モフセン・マフマルバフを審査委員長に迎えたコンペティション部門のほか、ヴェネチア映画祭で審査員大賞を受賞したツァイ・ミンリャン監督の最新作『ピクニック』(写真)や、カンヌ映画祭『ある視点』部門最優秀賞を受賞した『THE MISSING PICTURE(英題)』など海外でも高い評価を得た作品を上映する。

【会期】11月23日(土・祝)〜12月1日(日)【会場】有楽町朝日ホール(有楽町マリオン)他【URL】http://filmex.net/2013/