『あさひるばん』特別試写会に15組30名 

【日時】11月25日(月)18時30分〜【会場】一ツ橋ホール(神保町)
『釣りバカ日誌』の原作者・やまさき十三が、72歳にして映画監督としてデビュー! マンガ原作者となる以前に助監督として活動していた経験を持つだけに、初監督ながら上質のヒューマンコメディーを誕生させた。主人公の“あさ”こと浅本有也役に國村隼、“ひる”こと日留川三郎役に板尾創路、“ばん”こと板東欽三役に山寺宏一という個性的なキャストに加え、桐谷美玲、斉藤慶子、松平健といった豪華な面々、さらには『釣りバカ日誌』でおなじみの西田敏行も出演!

 その名字から“あさひるばん”と呼ばれていた浅本・日留川・板東。甲子園をめざしあえなく敗退して30年。別々の人生を歩んでいた彼らのもとに、高校時代の3人のあこがれのマネジャー・幸子の娘だという有三子から「入院中の母に会いに来てほしい」という手紙が届く。驚きと疑問を抱えながら故郷に戻った3人を迎えた驚きの事実だった。不惑の年を超えても人生に迷いっぱなしの3人が故郷で見つけたものとは?

 11月29日(金)より全国公開。