MOVIE 日本映画史に残る傑作が、”愛されるデバイス”を生み出した”嫌われ者”の真実

『スティーブ・ジョブズ』
 2011年10月5日、56歳の若さで亡くなったアップルコンピュータの創業者、スティーブ・ジョブズ。波乱万丈のエピソードを持つ彼の半生を映画化した話題作がついに日本上陸。最高の賛辞を贈られる一方で、彼はワガママで傲慢、非情な男とも言われ続けた。そんな“嫌われ者”がなぜ、世界中から“愛され続ける”デバイスを作ることができたのか。そんな問いに迫る、ジョブズ没後初の映画化作品だ。ジョブズ役には『バタフライ・エフェクト』のアシュトン・カッチャー。徹底した役作りでジョブズ像を体現している。

 生まれてすぐに養子に出され、若いころは自分探しのための放浪生活も経験。自宅ガレージで立ち上げたアップルコンピュータ社をわずか4年で上場させ、IT界の注目的存在に。ところが取締役会との確執で自ら創業したアップル社から退社を余儀なくされるが、紆余曲折をへて再びアップルで実権を握り、iMac、iPod、iPhone、iPadなど、次々と世界的ヒットを世に送り出した。「ハングリーであれ、愚かであれ」。彼がスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチの締めくくりとして語ったこの言葉は、その場にいた学生のみならず世界中の人に感動を与えた。この映画を見終わった後、“嫌われ者”ジョブズがこのメッセージに込めた思いに近づけるはず。
STORY:「君はとても優秀だ。でも、クズだ」。上司からそう宣告されるような若者だった、スティーブ・ジョブズは1976年“アップルコンピュータ”を設立。瞬く間に時代の寵児となる。しかし己の考えだけを貫くジョブズはしだいに孤立し…。

監督:ジョシュア・マイケル・スターン 出演:アシュトン・カッチャー、ダーモット・マローニー他/2時間7分/ギャガ配給/11月1日(金)よりTOHOシネマズ日劇他にて公開 http://jobs.gaga.ne.jp/