今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵 板前寿司 離れ個室(赤坂)

おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?
 あの「板前寿司」の新店がオープン。しかも全室完全個室、グランドメニューも一新ということで、早速調査に向かう。
赤坂見附駅から徒歩1分、絶好の立地にその店を発見!店内に入ると、なるほどダイニングスペースがなく、左右にぴたりと閉じられた扉が並ぶ。

 個室に入り、早速メニューを開くと、板前寿司の代名詞「まぐろ」を使った“最強マグロメニュー”がズラリ。本まぐろの刺し盛りは言うまでもなく、「まぐろえんがわ激旨スペアリブ」、「まぐろカマとろ煮」、「まぐろ皮ポン」などなど、まぐろをいろいろな方法で調理。なかでも圧巻は「まぐろ骨付きカルビ」。30cm以上はあろうかという骨付きのカルビステーキが目の前に現れると、そのど迫力に圧倒される。甘辛な和風ダレで味付けされたそのステーキは、魚というよりもはや肉。身はもちろん、骨の周りについたコラーゲンも丁寧に食べるとそのうまさに、まぐろに向かって、“あなたに出会えて幸せです”とつぶやいてしまうほど。

 そして、何といっても忘れちゃならないのがお刺し身。メインはその場でさばく活き〆アジと生本まぐろ。それに旬の白身魚を盛り合わせた刺し身盛りが、2〜3人前でなんと破格の1980円。とにかく、素材にこだわり、産地を厳選、さらに築地の老舗仲卸から仕入れるなど、徹底してうまい食材を集めたというだけあり、味も超一流。味よし、香りよし、鮮度よし!のお刺し身は、その充実感で心まで満たしてくれるよう。

 数々の一品料理とお刺し身でお腹もいい具合にいっぱいになったころ、いよいよ真打の登場だ。にぎりの盛り合わせにも、板前さんが日本全国の産地に直接出向いて見つけた逸品食材をふんだんに使用。佐賀の牧場から直送される「A5佐賀牛大とろ」、長崎県対馬産「天然穴子」、「島根県浜田産のどくろ」などの高級食材が板前寿司ならではのリーズナブルな価格で楽しめるのだ。赤坂で完全個室、そしてこだわりの高級食材でこのお値段というのは、普通なら考えられないところ。だからこそ、ぜひその目で確かめて、美味しいお寿司を堪能してみて。普段遣いに高級店気分が味わえるお店に認定!
板前寿司 離れ個室 赤坂店
【住所】港区赤坂3-8-17 赤坂泉屋ビル2階【TEL】03-6277-8009【営業時間】17〜23時30分(土は22時30分まで)【定休日】日祝休【URL】http://www.itamae.co.jp/