「言葉で表現できないことを音楽で伝えたい」アリス=紗良・オット

 ドイツ人と日本人を両親に持つアリス=紗良・オットは、25歳ながら、数々のコンクールでの受賞歴を持つ美貌のピアニスト。来年3月にはオスロ・フィルハーモニー管弦楽団と新進気鋭のロシア人指揮者・ヴァシリー・ペトレンコと日本で公演を行う。

「ピアノは3歳の時に両親にピアノのコンサートに連れていってもらって、感動したのがきっかけで始めました。小さかったけど音楽って言葉を超える魔法の力を持っているって思った。自分もこの魔法の言葉を通して、みんなに自分の思ったことを伝えたい、自分のことを分かってもらいたいって思い、母にピアノを習わせてと頼みました」

 流暢な日本語で、その時に感じた思いを話すアリス。日本で好きな場所は京都。

「日本の文化の原点に触れる機会が多いし、その日本の文化を代表するものって、お寺の静けさだったりすると思うんです。あとご飯もすごく美味しい! 居酒屋メニューが大好きなので、コロッケ、だし巻き卵、きんぴらごぼうとか(笑)。ラーメンはスープは好きだけど、麺に味が付いてないからちょっと…。一度ラーメン屋さんに行って麺抜きのラーメン下さいって言ったら追い出された(笑)」

 演奏はもちろん、美人だけどサバサバしてちょっと面白いのも魅力。

「ライブは毎回ホールの音響も、お客さんも音楽家のコンディションも違うから、同じ曲を同じオーケストラでやっても違う。つまり、2度と同じ演奏は聞けないんです。その1度きりのライブの時間を、日本のファンの方と共有して、素晴らしいステージを作っていきたいです」
「東芝グランドコンサート2014」東京公演 ヴァシリー・ペトレンコ指揮 オスロ・フィルハーモニー管弦楽団/アリス=紗良・オット(ピアノ)日時:2014年3月12日(水)19時開演 会場:東京・東京芸術劇場 コンサートホール チケット:S席1万4000円、A席1万1000円、B席9000円、C席7000円、D席5000円。フジテレビダイレクトほか、プレイガイド等で好評発売中。 問い合わせ:0570-031-999(平日12〜17時) オフィシャルHP:http://www.t-gc.jp/