腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ! 森下 亮さん

来年1月に赤坂で芝居やります

 このコーナーはたまに宣伝されるご本人さんがやってくることもある。

「ど~も~、クロムモリブデンという劇団で役者やってます森下亮です。よろしくお願いしま~す」

 そういう場合は「僕でいいんですか?」という人と「よっしゃ、やったるでー」という2タイプに分かれるのだが、森下さんは後者のようです。

「大阪で12月19日から22日、東京では来年1月9日から23日まで赤坂RED/THEATERでやる『曲がるカーブ』という作品の宣伝に来ました」

 ぐいぐい来ますね。

「はい、制作さんに“しっかり宣伝してこい”って言われましたんで」
 どんなお話なんですか?

「真冬なんですが、甲子園のお話やります。でもバットもボールもグローブも出てきません。甲子園に出られるかどうかをひたすらもめるという基本的には完全なコメディーです。県予選の決勝で負けた高校が舞台。優勝したチームが暴力事件で出場辞退となって“俺たち繰り上がりで出られるじゃん”と思ったところで、自分たちの高校でも暴力事件っぽいものなんかが出てきてしまい、どうすんだ!?ってなるんです」

 一見おちゃらけているように見せかけて、結構社会派なネタが盛り込まれているんですよね。

「今回は暴力事件とか不純異性交遊といったものを通じてセーフとアウトの境界線とは!?ということを探っていきたいと思っています。体罰問題にも触れるんですが、そういうすべてが詰まっているのが高校野球だと思うんですよ」

 最後だけ突然真面目な話になりましたね。11月3日からチケット発売中。今だったら席も選べるらしいので、ぜひお早めに!!
クロムモリブデン 俳優
森下 亮さん

劇団以外にも多くの客演をこなし、最近では映像作品にも進出。ア・ラ・ポテトを毎日食べてる36歳。毎週土曜の朝10時から調布FMでおしゃべりしているので、そちらもぜひ。