今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵 ヒレ肉の宝山(錦糸町)

おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?
 何やらすごいインパクトがある入り口の店があるというタレコミがあり早速現場に急行。向かった先は焼き肉激戦区(探偵調べ)の錦糸町。入り口の上には猛々しい牛の頭のオブジェがドーン、そしてその目は時折真っ赤に光っているではないか。その姿になぜか闘志がわき牛を威圧するようにドシドシと店内へ。


 まず報告したいのが、ここが赤身肉に特化した肉バルだということ。黒毛和牛のヒレ、イチボやミスジ、そして一頭の牛からほんの少ししか取れないシャトーブリアンなどを、焼き肉で、鉄板焼きで、そして焼きしゃぶで味わえる。


 最初にいただいたのが、厚切りタン塩。これぞ、厚切り!というほどの分厚さのタンを軽く焼き、レモン汁につけて口に入れると、さっくりと噛み切れ、それと同時に肉の旨みがジワーっと口に広がる。その旨さ、気がついたら取られてなるものかと本能的に次の肉に手が伸びていたほど。そして特選ヒレ。見た目で間違いなし!というお姿にうっとりしつつも容赦なくコンロの上に。しかし、焼き過ぎは禁物。とにかく肉の様子を、通常時の100倍の眼力で注視し、ミディアムレアぐらいのところでピックアップ。タレもいらない、ポン酢もいらない、ひとつまみの塩があればいい…。欲張りな自分がこんなシンプルな気持ちになれるとは、恐るべし。そして薄くスライスしたサーロインをさっと焼き、それをポン酢とたっぷりの大根おろしで食べる焼きしゃぶサーロイン。一見脂が多そうだが、薄くスライスしているのと大根おろしで、さっぱりいただける。むしろ、その脂の甘さがちょうどいいぐらい。ふー、満腹。と、いうのはまだ早い。締めはやはり「宝山名物」ヒレの極厚ステーキ。ペッパーかガーリック、どちらかの味付けを選べ、程よい焼き加減で焼かれたものが熱々の鉄板に乗って登場!この香り、このルックス、この味。パーフェクトすぎて気後れしてしまう。食べてもいいんですね、私。そして、モー、お腹がギューギューとダジャレが飛び出したところで試合終了。いやー、大変な闘いだった。


 コストパフォーマンスもいいし、肉好きは一度訪れるべし! ちなみに、毎日ミートオークションが開催されているので、うまく競り落とすと、とんでもないお得な価格で極上肉にありつけることも。そちらもぜひチャレンジしてみて。
ヒレ肉の宝山
【住所】墨田区江東橋3-11-2 YS錦糸町ビルB1F【TEL】03-5600-8864【営業時間】16〜24時【定休日】無休

NULL