ありそうでなさそう、現実と架空の世界を行ったり来たり

M&Oplaysプロデュース『サニーサイドアップ』
「岩松了シリーズ」や松尾スズキ、倉持裕といった演劇界を代表するような作・演出家との一連の作品など、さまざまなプロデュース公演を手がけるM&Oplaysが今年から明日の演劇界を担う若い才能を育てるシリーズを開催。その第一弾となる。

 今回は第56回岸田國士戯曲賞を受賞したノゾエ征爾を作・演出に起用。主演に大人計画の荒川良々を迎える。

 話はある男の人生。男は「たいくん」という舞台や映像で活躍する有名俳優。演じるのは荒川。たいくんが“今現在”を基準にちょっと前のことやちょっと先のこと、かなり過去のことやかなり未来のことを語り始める。たいくんの人生には印象深い7人の男たちがいて、そんな男たちとのエピソードが非情でありながらたっぷりのユーモアを混じえた形で綴られる。

 たいくん≒荒川?といった雰囲気を漂わせる部分もあり、フィクションとノンフィクションを行ったり来たりする。この絶妙なふわふわ感はノゾエならでは。

 赤堀雅秋、小野寺修二といった個性的な俳優たちが7人の男たちを演じるのも興味深い。
【日時】2月21日(金)〜3月2日(日)(開演は月火木金19時、土14時/19時、日水14時。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前)【会場】本多劇場(下北沢)【料金】全席指定 前売・当日共4800円【問い合わせ】森崎事務所(TEL:03-5475-3436=平日11〜18時 [HP]http://www.morisk.com/)【作・演出】ノゾエ征爾【出演】荒川良々、赤堀雅秋、小野寺修二、町田水城、竹口龍茶、富川一人、山口航太、ノゾエ征爾