レオとの”悪友ぶり”が絶賛されオスカーにノミネート!? ジョナ・ヒル

 日本をゆっくり楽しんでみたいと言ってくれるジョナ・ヒル。しかしそうも言ってはいられない。彼は3月3日(日本時間)に発表が迫る本年度アカデミー賞で助演男優賞にノミネートされている注目の人なのだ。彼が同賞にノミネートされるのはこれが2度目。『マネー・ボール』に次いで「自分にとって、賞は栄誉だけど目的ではないんだ。もちろん2度もノミネートされたのはすごくうれしいよ。もし受賞できたら…前回用意していて使わなかったスピーチを再利用するよ(笑)」。ジョナはもともとコメディーで注目を集めた人物。『40歳の童貞男』などジャド・アパトー組の人気俳優だ。「『マネー・ボール』のとき、コメディー作品を中心に活動していた僕をシリアスな作品で起用してもらったのは、本当にうれしかったね。僕自身は、同じようなキャラクターばかり演じたいとは思ってない。なるべく新しい挑戦を選ぶようにしてるんだ」。そんな彼が今回演じたのが、レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督が5度目のタッグを組み、実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの破天荒すぎる半生を描いた注目作。ジョナは、レオ演じる主人公・ジョーダンの右腕で、ジョーダンに劣らずムチャクチャな人物。「絶対に友達にはなりたくないね(笑)。ジョーダンと違って僕の演じたダニーはモデルとなる特定の人物がいるわけではないんだけど、何人かの人を参考にしている。あそこまでではないけど、実際あんなタイプの人間はけっこう見たよ。金を稼ぐのが大好きで何よりも金が最優先、みたいな人はね。金融業界とか…映画業界にもいる(笑)」。自分とは違う世界を描いているようで誰もが共感する映画でもある、とジョナ。お金に興味の無い人も必見!
NULL
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒー他/2時間59分/パラマウント ピクチャーズ ジャパン配給/TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他にて公開中 http://www.wolfofwallstreet.jphttp://www.wolfofwallstreet.jp
2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.