子育てに頑張るみんなが集まっていろいろ考えよう

 東京では待機児童の問題や、出産後の女性の社会復帰がままならないといったさまざまな要因がからまって、少子化に歯止めがかからない。そんな状況のなか、さまざまな分野の機関・団体・学識経験者が連携し、社会全体ですべての子供と子育て家庭を支援することのできる東京の実現に寄与することを目的に平成19年に設置されたのが「子育て応援とうきょう会議」。

 この子育て応援とうきょう会議が2月11日、有楽町の東京国際フォーラムで『子供未来とうきょうメッセ2014』を開催する。

 このイベントは子供たちを健やかに育む社会の実現を目指し、2010年度から毎年度開催され、今回で4回目。

 毎回、展示ブースでは企業やNPO、自治体などのさまざまな子供・子育て家庭支援の取り組みを紹介するとともに、団体間の交流を促すことでさらなる協働の推進を図っている。

 またメインステージでは講演、座談会などを実施。今回は元杉並区立和田中学校校長の藤原和博氏が「今大切にしたいナナメの関係~地域ぐるみで育てるこどもたち~」というテーマで講演。子煩悩でも知られるロンドンブーツ1号2号の田村亮さん、ペナルティのヒデさんとNPO法人ファザーリング・ジャパン代表の吉田大樹氏が「皆でトーク!こんなとき、どうしてる? 子育てのあるある座談会」というテーマで座談会。ファシリテーターで株式会社フューチャーセッションズ代表取締役の野村恭彦氏を迎え、「フューチャーセッション~子ども視点で東京の未来を語ろう!~」のテーマでワークセッションも行われる。

 そのほかにもセミナースペースを設け、日々の子育て生活の中でパパやママが疑問に思っていること、気づいていなかったことなどをレクチャーしてくれる。
 前回に引き続きメインステージで開催される「それいけ!アンパンマン ショー」も忘れちゃいけない!?
『子供未来とうきょうメッセ2014』
【日時】2月11日(火・祝)【会場】東京国際フォーラム(有楽町)【問い合わせ】子育て応援とうきょう会議事務局(TEL:03-5320-4115 〔HP〕http://tokyo.kosodateswitch.jp/