共演猫と、演技の相性もぴったり! 映画『猫侍』北村一輝

BSフジなどで放送され話題を呼んだ異色の時代劇が、完全オリジナルストーリーで映画化! “人は斬れども猫は斬れず”…猫に萌えてしまった剣豪・斑目久太郎を演じた北村一輝が劇中衣装で紙面に登場。“相手役”玉之丞サマとの2ショット撮影で、本人も萌え!?
タイトルを見た瞬間に、“猫”?“侍”? 面白そうなインパクトに惹かれました」

 侍×猫という異色の組み合わせで話題を呼んだ時代劇エンターテインメントがついに映画化。主演の北村いわく「撮影現場も猫が中心、猫が主役の作品です(笑)」。

「猫は環境に左右されやすいですから、今回も現場の環境に慣れてもらうことから始めましたね。スタジオの狭い空間に人が大勢いて、機材の音があちこちから響いて、照明も当たって…猫にしてみれば落ち着かない空間ですよね。特に、猫は上から物が下がっているとすごく怯えてしまいます。そのため通常は役者たちの上からマイクを下げるところを、この現場では下から伸ばすようにしていました。最初の数日でそういうことを把握して極力、猫の負担を軽くする方法をみんなで考えながら撮影しました。とても猫に優しい撮影現場だったと思いますよ」

 現場では主演の北村より猫のコンディションが優先だったとか。

「こういう作品ですので、それが当たり前です。そもそも僕自身が、自分のことより猫のほうが気になって(笑)。動物のことで待機時間が増えたり撮り直しても、それがストレスになることはないですね。猫に、ここでじっとしてなんて酷なことは無理ですよね。猫の動きに人間が対応しながら芝居を作り上げていかないといけない。人間の側が、それができるかどうかですよね」

 猫たちもそんな北村にすぐになついた。この日の取材でも、玉之丞を演じたメインの猫・あなごはカメラマンに“ニャー”と文句?を言いつつ、北村の膝の上から動こうとしない。相性が合ったのも良かった、とりりしい顔を緩ませる。

「特にあなごは僕にすぐに懐いてくれて、撮影の合間もずっと僕の横で寝ていたり、そんなことも少しうれしかったりしました(笑)」

 実は北村には、久太郎にとっての玉之丞のような存在がいた。

「以前猫を2匹飼っていました。そのうちロシアンブルーのほうが、なぜか僕以外の人間にあまり懐かない猫だったんですよ。一緒に過ごせなくなってからも、僕が行くと必ず玄関まで出迎えに来てくれて。その子がもう最後かもしれないという日に、僕は舞台の公演中でした。電話で子供と話したら、おそらく帰るまで間に合わないだろう、と。仕事が終わり急いで帰ると、その子が玄関に座って待っていてくれました。抱きかかえ、数十秒くらいですぐに息をひきとりました。僕を待っていてくれたのだな、と思いました。僕にとって、この子以上の猫はいなくて、他の猫を飼おうとは考えもしなかったのですが…。あなごの可愛さにはたまらないものを感じました(笑)」

 一見無愛想で無口な主人公・久太郎は、親しみやすく見やすい作品を目指した北村が、現代人の価値観を持っている侍にしたらどうかと提案したことから生まれた、共感度満点のキャラクターだ。

「江戸時代の価値観と現代人の価値観、そのかけはしに久太郎がなれたら、時代劇というジャンルの枠を超えて楽しめる作品になればと心掛け、衣装やメイク、話し方や動き方まで方向性を定め、どんどん膨らませていきました」

 一方、映画版では時代劇ならではの迫真の殺陣シーンも披露。硬と軟のバランスが絶妙だ。

「立ち回りのシーンはそれほど多くはありませんが、戦って決着をつけるのではなく戦わないということも選択技の一つだというのが『猫侍』のテーマでもあります。戦いたくないけど大切なものを守りたい。その気持ちに悪戦苦闘しながらも、それでもとにかくやってみる。久太郎は見た目は怖いですが、すごく僕らと近い感覚のヒーローです(笑)」

 今年は出演作が立て続けに公開。

「1月に『トリック劇場版 ラストステージ』でオカマ、2月に『KILLERS/キラーズ』でサイコキラーに、3月に本作で猫好きの侍、そして4月に『テルマエ・ロマエII』でローマ人…(笑)」

 これだけ違う役どころすべて“ハマり役”というのもすごい話。本作では“コワモテ顔”と“猫萌え顔”という真逆の表情に注目!
(本紙・秋吉布由子)
NULL
『猫侍』
監督:山口義高 出演:北村一輝、蓮佛美沙子、浅利陽介、寺脇康文他/1時間40分/AMGエンタテインメント配給/3月1日より全国公開
http://nekozamurai.info/http://nekozamurai.info/ © 2014「猫侍」製作委員会