シチュエーションは違えどどちらも楽屋が舞台の作品
ドリルチョコレート『あの世界』

 最近ではテレビドラマ、ラジオドラマの脚本などにも活動の場を広げている、作・演出家で役者でもある櫻井智也のプロデュースユニット。

 本作は2013年2月に上演された櫻井と有川マコトによるプロレスの控室を舞台にした二人芝居『真ドリル』の登場人物を増やしての改訂版にあたる作品。

 平成26年3月、平成の「力道山vs木村政彦」と呼ばれる試合が後楽園ホールで行われようとしていた。その控室、片方の当事者である有川マコトの横にはかつて有川のタッグパートナーで、現在は引退し実家の駄菓子屋をたまに手伝っている櫻井の姿があった。試合まで1時間半、なのに2人はつまらないことで口論を始める。そこへ謎の女アニータとプロレス記者がやってきて話はこじれる一方に…。

 虚実入り混じり、奥が深いのか浅いのかも判断が難しいプロレスをリスペクトしつつもいじり倒す。プロレス好きならはまる一本。よく知らない人もきっとプロレスが好きになる!?
【日時】2月19日(水)〜23日(日)(開演は水木19時30分、金土15時/19時30分、日15時。開場は開演30分前。当日券は開演45分前)【会場】OFFOFFシアター(下北沢)【料金】全席自由 前売り・当日とも2500円【問い合わせ】ドリルチョコレート(TEL:090-4243-6100 [HP]http://www.mc-r.com/)【作・演出】櫻井智也【出演】有川マコト、櫻井智也、堀靖明/後藤飛鳥(五反田団)