2・23「VTJ4th」宇野薫が米のインテリファイターと対戦

 ケージで開催される総合格闘技大会「VTJ4th」(2月23日、東京・大田区総合体育館)の全対戦カードが10日、発表された。

 出場が発表されていた宇野薫はアメリカのジェシー・ブロックと対戦する。ブロックはSPORTS FIGHTバンタム級王者。16勝7敗の戦績の中には、現UFCフライ級王者デメトリオス・ジョンソンといったビッグネームの名前も並ぶ。現在は高校の非常勤講師、レスリングコーチも兼ねており、システムエンジニアの資格も持つインテリファイター。クレバーな試合運びを信条としており、宇野とは高度なテクニックの応酬が期待される。

 またフライ級トーナメントの残り3枠に、東海地区を拠点にケージイベントを開催する「HEAT」を主戦とする春日井健士、アメリカのシーザー・スクラヴォス、フレディ・アルティーガの3人が決定。春日井は現在10連勝中と勢いのある選手。その勢いをかってトーナメント出場を直訴してきたという。

 合わせて「神酒龍一vs前田吉郎」「扇久保博正vs春日井健士」「マモルvsシーザー・スクラヴォス」「カナ・ハヤットvsフレディ・アルティーガ」という1回戦のカードも発表された。現修斗世界バンタム級王者の神酒にとっては、DEEP、パンクラスで王座に就いていた前田は是が非でも破らなければいけない相手。互いのファイトスタイルと気性からKO必至の一戦となる。マモルと戦うスクラヴォスは現在の総合格闘技における“ものさし”ともいえる存在。スクラヴォスに勝った選手は例外なくビッグプロモーションと契約を結び、現在も活躍しているという。決勝戦でもおかしくないようなカードが1回戦で実現する。

 また145ポンド契約で美木航と対戦予定だった西浦“ウィッキー”聡生が練習中に腕を負傷。美木の相手は韓国のキム・ジェ・ウォンに変更となった。

 オープニングファイトも含め13試合が行われる。