東京都知事選で元厚生労働相の舛添氏が当選

 猪瀬直樹前知事(67)の辞職に伴う東京都知事選は9日、投開票され、元厚生労働相の舛添要一氏(65)が約211万票を獲得し、元日弁連会長の宇都宮健児氏(67)=共産・社民推薦、元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)、元首相の細川護煕氏(76)らを破って初当選した。

 元首相や元閣僚、メディアでも話題を集める候補者が揃い、告示前は盛り上がりを見せていたが、本格的な政策論争が行われることがなかったことや、前日8日に降った記録的な大雪の影響もあって、最終投票率は過去3番目の低水準となる46.14%に留まり、前回(平成24年)を16.46ポイント下回った。

 そのなかで小泉純一郎元首相(72)の支援を受けた細川氏が「原発即ゼロ」を前面に打ち出し選挙戦を展開したが、思ったほど有権者には刺さらず、約96万票に留まり、同じく「脱原発」を掲げる宇都宮氏の後塵を拝する形となった。

 舛添氏は「東京を世界一の街にする」というスローガンのもと、五輪を契機とした街づくりを掲げ、厚労相の経験を強調して福祉・雇用対策の充実を訴えた。9日夜、当選確実の一報を受け「私以外の候補に投票した人からも『舛添に任せてよかった』というような都政を進めていきたい」と語った。今回の勝因について「ひたすら政策を訴え、どの候補よりも全域を回り、たくさんの有権者と会話した。これに尽きる」と語った。

 都知事として実現したい政策を問われると、「東京を世界一の街にする。福祉、防災、経済、2020年の東京五輪・パラリンピックを成功させる。これを着実にやっていきたい」と力を込めた。

 一方、「脱原発」を旗印に戦った細川氏だったが旋風は最後まで吹かなかった。

 細川氏は「力が及ばず残念な結果になり、申し訳なく思う」と午後8時半過ぎ、東京都千代田区の選挙事務所で、約50人の支持者らを前に敗戦の弁を語った。細川氏は「出馬への逡巡があり準備期間が短かったことと、脱原発が争点としてなかなか取り上げられなかったこと」を敗因に挙げた。

 小泉氏は9日夜は陣営事務所に姿を見せることなく「残念な結果だが、細川氏に敬意を表する。これからも『原発ゼロ』の国造り目指して微力ですが、努力を続けてまいります」という直筆の談話を発表した。

 前回の都知事選で約97万票を集め次点だった元日弁連会長、宇都宮健児氏(67)は原発再稼働反対など、安倍政権批判を前面に掲げ戦ったが、約98万票でまたも次点となった。

「結果は非常に残念だが、前回以上にボランティアの運動が広がり、手応えもあった」と分析。積雪の影響などで低投票率となったことに「不利に働いたかもしれない。14年間続いた石原・猪瀬都政を転換すべき選挙戦だったのに…」と悔やんだ。

 約61万票を獲得した田母神は東京都新宿区の防衛省前にある選挙事務所で「泡沫候補からよくここまでこられた。組織票がない中で一定の成果があった。満足すべきなのかな」と語った。

 また田母神氏は世代別では20代から24.0%の支持を受けていた。
トランプ氏、また言っちまう
TOKYO[5weeks]TOPICS Last 2weeks 2017.7.6〜20
デビュー作で芥川賞受賞
蓮舫氏が戸籍謄本の一部など開示
【今週の一言】2017.7.7〜2017.7.20
KAT-TUN中丸がソロアクトライブ「好きなこと詰め込む」