今週の一言 2014.1.31〜2014.2.13

 団体女子SPでトリプルアクセルに失敗し3位となった浅田真央「リンクに上がったとたん、気持ちがコントロールできなくなった。これが五輪なんだな…」(9日)
→あんまり責任を背負わないで演技してほしいところだが…。



 SP曲「ヴァイオリンのためのソナチネ」の作曲者が佐村河内守氏とは別人だったことが判明した高橋大輔「素晴らしい曲だと気に入って選んだので、作った人が誰であろうと関係ない」(9日)
→全く正しい対応だと思います。



 都知事選で約61万票を獲得した田母神俊雄氏「泡沫候補からよくここまでこられた。組織票がない中で一定の成果があった。満足すべきなのかな」(9日)
→確かに…。20代からの人気が高いというのは意外だった。



 橋下徹大阪市長「僕は死ぬまで、公明の選挙区で立候補することをライフワークにしていく」(8日、大阪市内で開かれた日本維新の「近畿ブロック維新政治塾」の開講式で)
→参考までにですが、プロレスの興行でも大阪では遺恨試合だと客足がすごいらしいです。



 平成14年4月〜15年6月の自動車保険の一部を契約者に支払っていなかった問題で、東京海上日動火災保険の永野毅社長「不払いとは考えていない」(7日、会見で)
→じゃあなんやねん?



 小泉進次郎内閣府兼復興政務官が脱原発に向けて小泉純一郎元首相と連携する可能性について問われ「それはない。父は父、私は私」(10日、訪問先の水戸市で記者団に)
→そりゃそうでしょ。



 長島圭一郎がソチ五輪スピードスケート男子500メートルで6位に終わり「旅費を全部払いたいです」(10日)
→気にするな。