あの自称ヒーローがスケールアップして帰ってくる!

『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』
 ネット通販で入手した全身タイツを身に付けて、勝手にヒーロー活動を始めた主人公が、ひょんなことから同じ志を持ったヒーロー父娘と出会い、本物の悪に立ち向かっていくという、かつてないユニークなストーリーが大絶賛。“お約束”と“意外性”、イケてない主人公と炸裂するアクションのクールさという相反する要素が、映画ファンの心をわしづかみ。“キック・アス”ことデイヴを演じたアーロン・テイラー=ジョンソンは、本作後『野蛮なやつら/SAVAGES』『アンナ・カレーニナ』と話題作に出演し人気を確立。美少女暗殺者“ヒット・ガール”を演じた当時13歳のクロエ・グレース・モレッツも大ブレイク。アメコミ好きで知られるニコラス・ケイジの怪演も話題を呼んだ。

 待望の続編では、前作でマフィアの父親を殺されたレッド・ミストが完全なる悪党“マザー・ファッカー”となって復活。さらにジム・キャリー演じる大佐が仲間に加わりヒーロー軍団“ジャスティス・フォーエバー”を結成。ヒット・ガールはキュートからセクシーに変貌を遂げ、キック・アスはさらに進化して悪の軍団に立ち向かう。前作ファンを喜ばせるネタを満載にしながらも、新たなファンを獲得すること間違いなしの一本だ。
STORY:“なりきり”ヒーローではなく本気のヒーローを目指す決意をしたデイヴは元マフィアの熱血漢・ストライプス大佐とヒーローチームを結成。一方でミンディは普通の女の子としてヒーローを封印していた。そのころ悪の軍団が街を騒がせ…。

監督:ジェフ・ワドロウ 出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ジム・キャリー他/1時間43分/東宝東和配給/2月22日よりTOHOシネマズ有楽座他にて公開 http://kick-ass-movie.jp/ R15+