EXILE TETSUYA DANCEの道
第18回 過去に優しく、今に厳しく、未来は楽しく。

“男を上げる”Monthly Column supported by ANGFA
 ソチオリンピック、皆さん見てますか? 選手の皆さんを見ているとスポーツの力はすごいです。チャレンジ精神、努力、仲間、涙に笑顔……。たくさんのドラマがあり、それぞれにオリンピックを目指してきたストーリーがあるので見ていて本当に感動します。そして何といってもド派手な開会式は、パフォーマーと映像、音楽、照明、花火のこれでもかっていうくらいの素敵な演出によって表現されていました。国を挙げてのエンターテインメントってすごいですね、言葉は分かりませんが、ロシアの歴史や素晴らしさが伝わる、壮大なスケールのSHOWで最後の聖火からの花火は圧巻でした。生で見られなかったのが悔しいです!でも、2020年東京でのオリンピック・パラリンピックがますます楽しみになりました。選手の皆様、たくさんの感動をありがとうございます、最後まで応援しています! 3月7日からはソチパラリンピックも始まるので楽しみです。テレビ観すぎて寝不足にはご注意くださいね(笑)。

 そんなオリンピック・パラリンピックに刺激を受けて、僕も最近はトレーニングやDANCEの練習に励んでいます。去年よりも更にいいパフォーマンスを目指して積み上げて行きたいと思います。先ほど1年前のこのコラムを読み返してみました。DANCE EARTHの舞台の最中で、稽古で学んだことや本番で感じた事が鮮明に思い出されます……。あの時の稽古でもっとこうしていれば本番はもっと良くなったんじゃないか? ……なんて思うことはたくさんありますが、過去に優しく、今に厳しく、未来は楽しく! 一つひとつできる事をやって、今年の舞台DANCE EARTH PROJECTグローバルエンターテイメント『Changes』も頑張ります。

 ところで皆さんには、優しくしたい過去、厳しくしたい今、楽しみな未来はありますか?? それってきっと、今を生きることなんじゃないかな? と僕は思います。失敗した過去がいくつあろうが、夢や目標に向かって今を精一杯に生きる……。実際のところ僕の失敗の数は半端じゃないです(笑)。でも、未来のイメージは限りなく楽しみです! 本当に恵まれていると感じます。

 だから今、できることは思いっきりやりたいのです。例えば、今の時代の日本で、水を飲んだだけで、火をつけてお湯が沸いただけで、これで今日を生き抜けると感じる人はなかなかいないと思いますが、そのくらい些細なことも感じて感謝しながら、自分がDANCEできる今を大切にしたいです。

 ソチという異国の地で自分の選手生命を懸けて命を燃やして戦っている皆さんのストーリーの中で、今回で最後と決めて挑んでいる方や今回からバトンを受け取った選手を観させていただいていると、そんな気持ちにさせてくれるのです……。『ガンバレ日本!!』。最後まで応援して皆さんが日本に帰って来た時に、心からお疲れさまと言わせていただきたいと思います。
神奈川県横須賀市出身。19歳からダンスを始め、横須賀、横浜、東京などのクラブイベントで活動。2004年8月、EXILE主演ミュージカル「HEART OF GOLD〜STREET FUTURE OPERA BEAT POPS〜」に出演。ダンススクール「EXPG」にてインストラクターをしながら、さまざまなアーティストのバックダンサーとして活動。2007年1月、新生J Soul Brothersのメンバーに抜擢され、2009年2月にデビュー。同3月1日からはEXILEのパフォーマーとして多方面で活躍。出演中のアンファー「薬用スカルプD」のCMが現在オンエア中。THE SECOND from EXILEのファーストアルバム『THE II AGE』(rhythm zone)が発売中。