今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵 薩摩屋(沼袋)

おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?
 鹿児島の溶岩焼きの名店「溶岩焼 薩摩屋」が新宿に続き、都内に2店舗目を開店したと聞き早速突撃! まず、お伝えしたいのがこの店が鹿児島の“黒牛”“黒豚”“黒さつま鶏”を主力商品とした焼き肉店だということ。鹿児島の“黒”といえば期待値はグーンと跳ね上がる。

 メニューを開くと、そこにちょっと気になる「大噴火もつ鍋」というものが。頼んでみると鍋の上部に穴があいた桜島の形を模した陶器で覆われている。それを火にかけしばらくすると、火口から湯気が吹き出してきた。まさに桜島の噴火。ふたを開けると中にはもつ、黒豚のあご肉、揚げ出し豆腐、ウインナー、キャベツ、もやし、ニラ、にんにく、唐辛子がイン。もつはプリプリ、あご肉はブリブリ、揚げ出し豆腐は中に柚子こしょうが仕込まれていて味の変化が楽しめ、ウインナーはそのままでもおいしい味付け…などなど各素材がそれぞれ楽しい旨みを持っている。しかもそれが、にんにくのパンチがききながらも優しい白味噌仕立てのスープに絡むとさらにうまし。なかなか味わったことのない具だくさんのもつ鍋に大満足。しかし、もちろんそれだけで終わらすわけにはいかない。肉だ肉、肉を食べるぞー!と「黒豚のあご肉」「和牛塩レバー」「3秒ハツ」「特選和牛ハラミ」「黒さつま鶏」「和牛上ホルモン」などなど、牛豚鶏とあらゆる種類の肉をオーダー。「黒豚のあご肉」は、わさびか柚子こしょうで。今まで食べたことのない歯ごたえだが、決して固いわけではない。肉の旨みが凝縮されての弾力だ。そして「和牛塩レバー」は味噌だれで。薄めにスライスしたレバーは、濃厚でクリーミー。くれぐれも焼き過ぎに注意してほしい。テーブルには、味噌だれ、塩胡椒、ポン酢、九州の甘口醤油が用意されているほか、肉に合わせてわさびや柚子胡椒が添えられ、お店の人がその肉に合う調味料を教えてくれる。そしてシメに行きたいのが、「炎のガーリックライス(スープ付き)」。ガーリック、牛すじ、卵と火をつけた海苔を混ぜて食べるワイルドな一品だ。さらに、別腹に鹿児島名物「白熊」を。見た目は可愛くかなりボリューミー。小でも2~3人で食べてちょうどいいほど。こだわりの器も素晴らしく、パフォーマンスも楽しいお店。
NULL
薩摩屋
【住所】中野区沼袋4-31-1【TEL】03-3388-2900【営業時間】17時~23時【定休日】月曜日