巨匠が、時代が見つめた子どもたち
『こども展 名画にみるこどもと画家の絆』

 巨匠たちが“子ども”をテーマに描いた名作を一挙紹介する展覧会。

 本展では、主に19世紀初めから20世紀末までの200年ほどの間に描かれた作品を中心に紹介。特に、画家自身が、我が子を描いた作品が多く登場。モデルとしての我が子を見つめる画家の愛情に満ちた率直な眼差しを感じ取ることができる。画料はもらわない代わりに、注文主の思惑を気にしたりモデルに媚びる必要がなく、画家=親と、モデル=我が子との強い「絆」に触れることができる。
『こども展 名画にみるこどもと画家の絆』
【期間】4月19日(土)〜6月29日(日)10〜20時(4/29、5/6を除く火曜は17時まで。入館は閉館の30分前まで)【会場】森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階)【HP】http://www.ntv.co.jp/kodomo/