腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!自衛官のみなさん

 あの自衛隊がアプリ(無料)の提供を開始。お堅いイメージの自衛隊が何故アプリなど?

堀「現在は少子化が進行している社会環境の中で、幅広く自衛官を募集しているという認知度を上げるためにアプリを利用しようということになりました。話題性のあるアプリを提供し、自衛官を身近に感じてもらうことで、興味を持っていただくことが目的です」

隈部「実際やってみると、自分の写真が自衛隊の制服を着たユニークなキャラクターとなり、敬礼や行進をしているのが、不思議でした(笑)」

小路「パイロットなど、キャラクターがすごく忠実に再現されていますよね。セリフもたくさんありますし、AR機能を利用し自衛官になった未来の自分からエールをもらうというのは、結構楽しいです(笑)」

 自衛隊というと、なんだか厳しそうというイメージがあるのですが…。

堀「自衛隊と一口に言ってもものすごくたくさん職種があるんです。いわばひとつの社会を形成しているようなもので、各種任務の第一線で活躍する隊員や、広報で食事を作ったり、会計係や医者など本当にさまざまな仕事があり選択肢が多いので自分のやりたいことを自衛隊で見つける事も可能です」
本村「そうですね。ぜひアプリを通じて自衛隊にご興味をお持ちいただき、職業の選択肢として自衛隊をご検討いただきたいですね」


「未来のキミがキミを応援!“キミにエールAR”」の提供開始を記念し、防衛省の売店で販売されている「防衛糧食」陸・海・空型を3つセットで読者1名にプレゼント!(係名:「自衛隊」)。