「スカルプD」が10代目!フルリニューアル

 オリジナルのエイジングケア商品を展開するアンファー株式会社が17日、 10代目となる薬用シャンプー「アンファー スカルプD」(スカルプシャンプー2種、パックコンディショナー1種)をフルリニューアル発売した。



「スカルプD」は、“頭皮環境を整えることが健康な毛髪を育てる”というブランドコンセプトのもと、頭髪治療専門クリニックの臨床データやさまざまな医師・研究機関との最新の研究結果などをもとに、1995年の発売以来、毎年欠かさずリニューアルを重ねてきた。



 今回のスカルプDは、頭皮トラブルの発生メカニズムを詳細に分析し、独自のロジックを構築。これまでのスカルプDの進化を踏襲しながらも、さらに一人一人の頭皮、一本一本の毛髪の悩みに応える処方設計を実現した。


 10回目となるリニューアルのポイントは有用成分を届ける「浸透力」。頭皮トラブルの要因となるロジックにそれぞれ“必要な成分”を“いかに届けるか”ということが重要であるという考えのもと、今回、ナノキャリアー成分「Dカプセル1」を配合することで、それを実現可能なものとした。



 また、特徴である「ハリ・コシ」を4つの成分を配合することによって強化。スカルプD史上、最高峰のハリ・コシを実現した。それでいて、スカルプDブランドならではの洗浄力はそのまま。独自の洗浄成分を組み合わせることで、今まで以上の泡量と泡のキメ細やかさを生み出すことに成功。不要な汚れを洗い落としながら、必要な頭皮ケア成分や潤いをくまなくもたらすことができるという。



 リニューアル商品は「薬用スカルプシャンプー オイリー脂性肌用」と「ドライ乾燥肌用」、「薬用スカルプパックコンディショナー」の3種類。価格は各3900円(税込)となっている。