一度見たら次も見たくなる。ヤミツキ「財団、江本純子vol.7『人生2ねんせい』」

 毛皮族を率いる江本純子の別ユニット。毛皮族とは異なる作風と上演形態にて作品を発表するための場として2009年に立ち上げられたが、第1回公演となった『セクシードライバー』が初めて岸田國士戯曲賞の最終候補作となるなど、作家としての江本純子の評価を再認識させた。

 また毛皮族とは違った、常識と非常識が飛び交うその作品世界と思いもかけないキャスティングも刺激的で、公演のたびに大きな話題を呼んでいる。

 今回は「生」と「死」と「旅」を通じて、死んだ「私」の人生の一部分を描く。

 物語は不幸のどん底にいた「私」が不幸の入り口までなんとか這いつくばるところから始まる。それが2度目の人生であることに気づいた「私」は、一度目の失敗、一度目に伝えられなかったこと、一度目ではできなかったことを、この2回目の人生ではなんとかしようと奔走していく。人生2年生の「私」が無意味な理想にしがみつくことなく、もう一度人生と関わって、生きることを反省していく物語。

 今回は7回目の公演にして東京、福岡、仙台、名古屋の4都市ツアーを敢行する。この地方の3都市は毛皮族では訪れたことのないところ。これをとっても毛皮族との色合いの違いがうかがえる。
【日時】5月13日(火)〜18日(日)(開演は火〜金19時30分、土15時/19時30分、日15時。木曜は15時の回あり。開場は開演30分前。当日券は開演45分前)【会場】小劇場B1(下北沢)【料金】全席整理番号付自由席 前売3500円、当日3700円/高校生2000円(枚数限定・要証明書・毛皮族HPのみ取扱い)【問い合わせ】リトルジャイアンツ(TEL:090-8045-2079=平日12〜19時 [劇団HP]http://www.kegawazoku.com/)【作・演出】江本純子【出演】佐久間麻由、加藤 啓、羽鳥名美子、藻田留理子、鄭亜美、江本純子