岡田将生、4人の父親との絆を再確認!

 映画『オー!ファーザー』の完成披露試写会が14日、都内にて行われ、主演の岡田将生らキャストと藤井道人監督が登壇した。


 本作は、伊坂幸太郎の同名小説の映画化。4人の父親を持つ高校生・由紀夫がトラブルに巻き込まれ、父親たちとともに家族の絆で切り抜けていく姿を描くサスペンスコメディー。ヒロイン役は忽那汐里。4人の父親役を佐野史郎、河原雅彦、村上淳、宮川大輔が演じている。


「撮影現場では常にみんなでボケてはツッコんだりして、お父さんたちがずっと場を盛り上げてくれました」と“父親”たちとの撮影を振り返った岡田。村上から「岡田くんが中心にいてくれて頼もしかったです」とほめられると思わず「やったー! ラッキー」と無邪気な笑顔。すかさず村上が「今ので“キュン死”した人~」と観客に問いかけ、会場の女性たちから手が上がると岡田は照れまくり。“父親”から愛情たっぷりにイジられた岡田だが、一方で「宮川さんは一番真面目でした。面白いことも全然言ってくれなくて…」とイジる一幕も。「面白くない人みたいだから、そういうこと言わないで」と焦っていた宮川だが、忽那からベストファーザーに選ばれ「良かった! テンションあがります」とゴキゲンに。
『オー!ファーザー』は5月24日から全国公開。