佐藤健、ざわちんメークに「自分かと思った」

 1990年に発売されてから、今年15年をむかえるロッテ「爽」の新キャラクターに佐藤健が起用。29日、都内で行われたお披露目&新CM発表会に、お風呂上がりの浴衣姿で登壇した。



 今回、新キャラクターを発表するにあたり、「風呂あがりに凍っちゃったのは誰?」キャンペーンを4月から特設サイトで展開。これは、爽を食べて凍ってしまったキャラクターが、徐々に解凍されていき、新キャラクターを当てるというキャンペーン。最後のヒントでは、話題の'ざわちんメーク'で佐藤健そっくりのメークをした人が登場。ざわちんは、佐藤健メークのポイントとして、「キリっとした眉毛と涙袋、そしてセクシーなホクロ」をあげたが、それを見た佐藤は、「今まで、他の人に真似をされたことはないが、本当に似ている。特に目の下のホクロがあって、自分かと思いました」と語り、サイトで徐々に解凍されていく自分に「口元しか解凍していない段階から、周囲の人にばれていた」と驚いていた。



 また、今回のCMは、温泉につかった後、爽を食べて爽快になるという設定だったが、それを表現する為に、「撮影の時は、最初から最後まで我慢してずっと温泉につかっていたので、CMはリアルな汗です。結局、のぼせるくらいまでつかりましたが、温泉を出た後に食べた爽は、本当に冷たくて美味しかった」とCM撮影の裏話を披露した。爽に対しては「子供の頃から大好きだった"爽"のPRができるのですごく嬉しい。風呂上りにはもちろん、運動のあとや、仕事の合間にもぴったりです」と嬉しそうにアピールした。