そうだ、「宇宙」へ行こう!?

「宇宙」が熱い! この夏、注目のサイエンススポットを紹介
日本の宇宙活動が身近なニュースとして流れる近年、宇宙や天文といった分野が幅広い世代の関心を集めている。そんなこの夏、宇宙に関連した注目のイベントやスポットが登場。この機会に、はるか遠くの“宇宙”を、いろいろな楽しみ方で身近に感じてみよう。
SPACE EXPO 宇宙博 2014ーNASA・JAXAの挑戦

 アメリカ航空宇宙局(NASA)と、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力を得て実現した、国内最大級の宇宙イベント。会場では、大きく4つのテーマに分けて宇宙開発の第一歩から最先端の研究までを紹介する。NASAエリアではNASAが挑んできた有人宇宙開発の歴史を、実物とモデル、約300点の貴重な資料で一挙紹介。スペースシャトルやアポロ17号の指令室のリアルな実物大モデルも登場。まさに人類の宇宙開発史を一望できる本格的な展示に注目だ。JAXA・日本の宇宙開発エリアでは小惑星探査機・はやぶさや新世代固体ロケット・イプシロンなど、ニュースなどで話題を呼んだ日本の宇宙開発技術を、さまざまな展示を通して知ることができる。他にも、宇宙エレベーターや宇宙発電の構想などを紹介する未来の宇宙開発エリアや、現在火星で活動中のキュリオシティ実物モデルが初来日する火星探査エリアなども見逃せない。貴重な歴史と最新技術が一堂に会する、この夏必見の博覧会だ。
【会期】7月19日(土)〜9月23日(火・祝)【会場】幕張メッセ 国際展示場10・11ホール【時間】9時30分〜17時(入場は閉場の30分前まで)【休】会期中無休【料金】一般2500円、大高生1500円、中小生900円【問い合わせ】03-5770-8600(ハローダイヤル)【URL】http://www.space-expo2014.jp/