日本の夏、日本橋の夏。
浴衣に風鈴…”和テイスト”で納涼気分!

毎夏、江戸時代から続くエコな“日本の涼”を体感できるイベントを行う『ECO EDO 日本橋』。今年も『ECO EDO 日本橋 2014 〜五感で楽しむ、江戸の涼〜』と題して、多彩な夏向け企画が大集合。大人気の水中アート展から、夏の日本橋を満喫するお得な企画まで実施中!
昨年は50万人が来場! 金魚の水中アート展

 江戸文化の中心地だった日本橋で“エコな江戸”の夏の魅力を再発見する『ECO EDO 日本橋 2014 〜五感で楽しむ、江戸の涼〜』。会期中は、エリアの商業施設や老舗店などが多数参加。クーラーがなかった江戸の納涼スタイルをテーマに多彩なイベントを開催し、エコな江戸の夏を楽しんでもらおうというもの。

 その中でも毎年大人気となっているのが、日本橋の夏イベントに欠かせない企画となった、水中アートの展覧会『アートアクアリウム』。“アートアクアリウム”の第一人者・木村英智が生み出したこの展覧会は、本物の金魚が泳ぐ優雅な姿を、LEDライティングやプロジェクションマッピングなど最新の映像技術による幻想的な演出で愛でることができるアートインスタレーション。和をモチーフとした水中世界(アクアリウム)を光や映像、音楽、香りで演出。日本の美と涼しさを五感で堪能することができる。珍しい品種も含めた約5000匹の金魚が幻想的な水中世界で舞い泳ぐ姿に、涼しい癒しを感じるはず。会場には、幅3メートルにわたる複合作品〈大奥〉や、地球をイメージした直系1.5メートルの球体型水槽の中を錦鯉が泳ぐ〈アースアクアリウム・ジャポニズム〉など、多彩なスタイルの作品が集結。

 また今年も、期間中は毎日19時からドリンクを片手に鑑賞できる「ナイトアクアリウム」を開催。土日祝日にはアーティストによるライブやDJパフォーマンスも行われる。ロマンティックな雰囲気に包まれながら、イベントや限定メニューを楽しもう。
『アートアクアリウム 2014 〜江戸・金魚の涼〜 &ナイトアクアリウム』
【会期】開催中〜9月23日(火・祝)【時間】11時〜23時30分(最終入場23時)※19時からナイトアクアリウム【場所】日本橋三井ホール(コレド室町5階 ※入口4階)【入場料】一般1000円、子供(小学生以下)600円、3歳以下無料