とことんこだわるのが関西流!?『ビルのゲーツ』ヨーロッパ企画

 初めて舞台を見る人に何を勧めるか——という悩みを持つ人も多いだろう。その点、このヨーロッパ企画は最適な劇団なのでは?

 その作品は、トリッキーな劇構造に、ごく普通の日常会話を積み重ねてコメディーへと昇華させる。

 舞台の設定と構造がとにかく絶妙。そこでどんな切羽詰まった状況に置かれても、なにかおかしみがにじみ出る登場人物たちが繰り広げるゆる〜い会話がつぼにはまる。アドリブに聞こえるところも、実は脚本通りというくらいのナチュラルさなのだ。

 今回はタイトルを見ると某マイクロソフトの創業者が出てきそうなのだが、さにあらず。建物のビルディングに出入りするときにカードなんかをかざすゲートがあるが、そのへんにまつわるエピソードで物語は展開していく。

 作・演出の上田誠曰く、今回の作品は「ゲートコメディー」とのこと。ここしばらく続いている「企画性コメディー」の第4弾だ。

 なにやら思わぬ仕掛けに翻弄される登場人物たちの右往左往っぷりが目に浮かぶ。

 今では各メンバー多忙につき、本公演が年1回になっているので、ここを逃すと来年まで見られないということも忘れずに!
【日時】8月29日(金)〜9月7日(日)(開演は平日19時、土13時/18時、日13時。4日(木)は14時の回あり。火曜休演。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前)【会場】本多劇場(下北沢)【料金】全席指定 前売4500円、当日5000円/学生シート(前売のみ)3500円(入場時要学生証提示)【問い合わせ】サンライズプロモーション東京(TEL:0570-00-3337=全日10〜19時 [HP]http://www.europe-kikaku.com/)【作・演出】上田誠【出演】石田剛太、酒井善史、角田貴志、諏訪雅、土佐和成、中川晴樹、永野宗典、西村直子、本多力/岡嶋秀昭、加藤啓、金丸慎太郎、吉川莉早