吉永小百合主演作が海外映画祭で2冠!

 第38回モントリオール映画祭で2冠を獲得した『ふしぎな岬の物語』の受賞報告会見が16日、都内にて行われ、主演の吉永小百合と共演の阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、成島出監督が出席した。
 同映画祭でワールド・コンペティション部門審査員特別賞と、エキュメニカル審査員賞をダブルで受賞したことについて、現地で受賞の瞬間を迎えた吉永と阿部は「本当に幸せ」と感激を語った。滞在したホテルで、作品を見た記者たちから“とてもいい作品だった”と度々声をかけられたという2人。手ごたえを感じつつも受賞が決まるまでかなり緊張していたことを明かした。


 日本で受賞を知った鶴瓶は「タモリさんから電話があったんですよ。僕が電話に出ていることが分かっていながら、留守電に吹き込むように“おめでとうございます”と一言、言ってきれた。僕が吉永さんとまた共演したのが悔しかったんでしょう」とエピソードを明かし、会場の笑いを誘った。
『ふしぎな岬の物語』は10月11日から全国公開。