東京丸ごとウオーキングシティ!【知識編】

三日坊主にならないために! トラブる前にプロに相談
 せっかくウオーキングを始めても、マメや靴擦れなどの足トラブルが起これば三日坊主になりかねない。歩き方の基本を学んだら、シューズ選びにもこだわるべし。御茶ノ水にあるスポーツ用品店・エスポートミズノではコンピューターを使った無料のフィッティングサービスを行っている。「最適なシューズを選ぶには自分の足を知ることが一番です」とシューズアドバイザー・横山さん。こちらでは、足の形状やサイズ、足圧を測定し最適なインソールやシューズを選んでくれる『インソール工房』(インソール作成は完全予約制)と、ランニングなどのスポーツ向けに、より多角的に分析してくれる『プリシジョンフィット』というサービスがあり、空いていればその場で測定してもらえる(ネットで予約も可能)。自分のデータをもとにアドバイザーがおススメのシューズを教えてくれるだけでなく、シューズの履き方や見分け方などもアドバイス。この日も「サイズに迷ったら、抜き出した中敷きに足を合わせてみる」「かかとがしっかり包まれている感じのあるものを選ぶ」などプロならではの靴選びのコツを教えてくれた。


足の悩みをインソールがサポート

『インソール工房』ではコンピューターで足のサイズや足圧を測定し、足のトラブルやクセなどをチェック(約5分)。そのデータをもとに最適なシューズやインソールを教えてくれる。カスタムでインソールを作成するサービスもある(6000円〜・税別/完全予約制)。外反母趾や扁平足などで悩んでいる人にもおススメ。

 ランニングなどのスポーツでは、自分の足の状態だけではなく、運動の内容や量など多角的に考慮してシューズを選びたい。『プリシジョンフィット』では、シューズアドバイザーが歩行の様子や、O脚がX脚かといった脚の形状の確認、関節や足首の柔軟性などをチェック。さらにコンピューターによる測定と合わせて最適なシューズを選んでくれる(約10分)。チェックは素足の状態で行う。