実は楽しい「芸術の秋」が東京に集結
秋のアートはお祭り騒ぎ! その2

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2014

 東京ミッドタウン、秋の人気イベント『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH』。今年は「デザインのスイッチ」をテーマに、期間中、東京ミッドタウンの各所で多彩なアート&イベントを楽しむことができる。目玉はミッドタウン・ガーデン、芝生広場に登場する『スワリの森』(入場無料)。新進気鋭のクリエイティブディレクター古屋遙と、科学の楽しさを伝える創造集団ガリレオ工房が手掛ける、ユニークなチェアがちりばめられた不思議な空間を体験できる。もちろん座ってよし! 他にも世界最大の国際家具見本市『ミラノサローネ』を紹介する『Salone in Roppongi』や、伝統工芸とデザイナーのコラボが楽しめる『INADA Stone Exhibition』など、大人も子供も楽しめる“デザイン”が集結。毎回人気の『Tokyo Midt
own Award』の今年の受賞作品も発表。歴代受賞作の商品化作品も展示される。

【期間】10月17日(金)〜11月3日(月・祝)【会場】東京ミッドタウン【URL】http://www.tokyo-midtown.com/jp/designtouch/
ヨコハマトリエンナーレ2014

 アーティスティック・ディレクターに美術家の森村泰昌氏を迎え「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」をテーマに開催中の横浜トリエンナーレ、第5回展。横浜美術館では、一見ビニールのゴミ袋でできているように見えるクマのような構造物がユニークなギムホンソックの作品や、トラックなのにゴシック様式の教会のようなヴィム・デルボア作品など、国内外から刺激的な作品が集う。また『札幌国際芸術祭2014』『福岡アジア美術トリエンナーレ』からも作品が出展され、今のアートの潮流を感じることができる。また、森村ADがセレクトした作品など、映像プログラムも充実。

 期間中は、展覧会だけでなくイベントやワークショップが行われるほか、横浜トリエンナーレサポーター“ハマトリーツ!”が企画するイベントや創造界隈拠点連携プログラムなど、街のあちこちに連携イベントが広がっているので、観光や街歩きをしながらアートを楽しむのも良さそう。

【期間】開催中〜11月3日(月・祝)10〜18時(入場は閉場の30分前まで)【会場】横浜美術館ほか【入場料】ヨコハマトリエンナーレ2014単体券 大人1800円 大学・専門学生1200円 高校生800円【URL】http://www.yokohamatriennale.jp/