それは狂気か、情熱か。『ギャロウ・ウォーカー 煉獄の処刑人』

『ブレイド』のウェズリー・スナイプスが恋人を殺され復讐に燃える謎のガンマンを演じるワイルドな西部劇。しかも敵はゾンビ!

 アメリカ西部開拓時代の荒野。孤高のガンマン・アマンは恋人を死に追いやった悪党・カンサとその仲間たちに復讐を果たし、自らも息絶えた。しかし、アマンの母親が彼を生き返らせるために神と恐ろしい契約を結んでしまう。それはアマンの手で殺された者がゾンビとして蘇るという呪いだった。かくしてアマンは、彼に殺されたゾンビ“ギャロウ・ウォーカー”と戦い続ける運命を背負ってしまう…。ゾンビ映画とマカロニ・ウエスタンの要素を織り交ぜたクールなクレイジーさは必見! ウェズリーならではの、スタイリッシュ・ホラー・アクションを満喫できる一本。
販売元:エイベックス・ピクチャーズ 10月3日(金)発売 3800円(税別)