腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ! 寺岡呼人さん

1つの曲で時空を越えたい!
 ときにある、このコーナーのご本人登場バージョン。なんと今回は、ミュージシャンでありながら、ゆずを始めとした多くのアーティストのプロデュースも手掛ける、寺岡呼人さん。プッシュアイテムはもちろん、最新オリジナルアルバム『Baton』だ。

「自分が今ここにいるのはそれ以前、昔に誰かがいてくれたからで、音楽にしても同じだってこと。そういった、自分は歴史という線を作る点のひとつであるっていう意識からできているアルバムです。だから、これは自分のなかの流行りみたいなものなんだけど(笑)、1曲のなかで流れる時間がすごく長い。映画や小説みたいに時空を超えるっていうことをやってみたかったんです。それも1曲のなかで」

 すでに長いキャリアも実績もある。それでも、本作には挑戦が詰まっている。

「前作から4年あったけど、その間にはツアーもしていて、そこでは歌の表現だったりスキルを、自分なりですけれども、いろんな角度から上げてきたつもりなんです。歌は、まだまだアマチュアですから。そのなかで発見や気づきもあって、それを音に刻めたらと臨んだアルバムでもあるんです」

 それを最大限に引き出すやり方として、さまざまなミュージシャンと共同作業をした。タイトル曲でもある『バトン』のMr.Chirdrenの桜井和寿を始め、佐藤竹善、多保孝一が楽曲提供。レコーディングにも多数のミュージシャンが参加している。

 すでに本作を携えてのツアーも決定。「アルバムのお披露目でもあるし、スキルアップする挑戦の場でもあるし、楽しみですね」

 アルバム『Baton』はTOWER RECORDSより発売中。10月4日には、タワーレコード渋谷店1Fで、トーク、ミニライブ、握手会、チェキ撮影会などからなる発売記念イベントが行われる。18時30分から。
JUN SKY WALKER(S)の活動と並行して、ソロ、プロデューサーとしても活躍。ゆずを筆頭に数多くのアーティストを手掛ける。2013年にソロデビュー20周年を迎えた。