東京国際映画祭、今年のミューズは中谷美紀!

 10月23日から開幕となる第27回東京国際映画祭ラインアップ発表会が30日、都内にて行われ、今年の“フェスティバル・ミューズ”を務める中谷美紀らが登壇した。


 中谷は「映画を愛する者、日本、そして東京を愛する者としてフェスティバル・ミューズの役割をしっかり務めたいと思います」と意気込みを語った。また会見では、今年のコンペティション部門に唯一出品する日本映画となる『紙の月』の吉田大八監督も登壇。「コンペに出品することになりましたが、勝負事は嫌いじゃないので、より映画祭が楽しめそうです」と意欲を見せた。
 今年のコンペ部門の審査委員長には『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督。他『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督、『サンブンノイチ』の品川ヒロシ監督らが審査員を務める。さらに、今年新設された特別賞〈SAMURAI〉賞は、北野武監督とティム・バートン監督が受賞することが発表された。


 映画だけでなく音楽イベントやグルメイベントなど多彩な“お祭りごと”を用意するという今年の東京国際映画祭。10月23日から31日まで、六本木ヒルズ他にて開催される。
錦戸亮“チームワーク無し”でも見事な音頭!人生初の鏡開きを成功
ソフィア・コッポラ来日「またいつか日本に長く滞在したい!」
『セザンヌと過ごした時間』トーク付き試写会に10組20名 
ナタリー・ポートマン次作は日本語!?
編集部オススメMOVIE『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』
編集部オススメMOVIE『歓びのトスカーナ』