岩田剛典 自然体で「イメージ変える」

新ドラマ『ディア・シスター』で片思いのスケートボーダー役を熱演!
 国民的ダンス&ボーカルグループのEXILE、そしてその遺伝子を受け継ぐ三代目J Soul Brothersのメンバーとして精力的に活動する、岩田剛典が新しい挑戦をしている。16日スタートの連続ドラマ『ディア・シスター』(フジテレビ系、木曜午後10時〜)にレギュラー出演。プロスケートボーダーになるという夢を追う青年を演じる。放送スタートを控え、本人は「イメージを変える作品になると思う」と、意気込む。

 岩田は今年、オーディションを経て、EXILEに新メンバーとして加入。EXILEそして三代目のメンバーを兼任して、エンターテインメントの道を突き進んでいる。そこへ、新たに演技という要素が加わったかたちだ。これまでも、劇団EXILEの舞台、ドラマ、映画などへも出演しており、演技経験もあるが、注目を集める連続ドラマへのレギュラー出演は初めて。撮影現場で話を聞くと、「まだ、完成したものを見ていないのでなんともいえない」と照れたが、「応援していただいているみなさんが僕に抱いているイメージが変わると思う」と、コメントを寄せた。

 ドラマは、石原さとみと松下奈緒が初共演、2人が性格が正反対の姉妹を演じる話題の作品。岩田は、プロスケーターを目指しつつ、石原演じる自由で天真爛漫な妹・美咲に長い間片思いし続けているという役どころだ。

 話が決まったときには、EXILE、三代目のメンバー面々が「ヤバイ!」「すごいチャンスだね」と、彼ららしいボキャブラリーを通じて、背中を押してくれたという。

 この「すごいチャンス」に岩田はどう臨むのか? 本人に聞いた。インタビューはこちら