デジタルアートで、ワタシ輝く!

LUX 25周年で“美しく輝く”体験型イベント
 自分自身がデジタルアートの一部になれる体験型イベント「LUX 25th Anniversary“Bloom to Shine”」が9月27、28の2日間、表参道ヒルズで開催された。人気ヘアケアブランドのLUX(ラックス)の日本発売25周年を記念して企画されたもので、多くの女性が集まり、“美しく輝く”アート体験を楽しんだ。

 会場は、表参道ヒルズの中央に位置する吹抜け大階段と地下イベントスペースのスペースオー。吹抜け大階段には、思わず写真を撮りたくなるような空間が広がり、スペースオーにはデジタルアート体験ができるインスタレーションブースが4台設置された。ブースでの体験は、ブースに入ってスタッフから説明を受けるだけで誰でも体験できるというもので、人気殺到。ブース前面に設置されたセンサーカメラが参加者を自動認識し、カウントダウンとともに、背後の大きなスクリーンに約50秒間、花やジュエリーなどさまざまなモチーフが映し出されるという内容。モチーフはさまざまな種類があるうえ、上下左右に体を動かすとモチーフがついてくるような動きを見せたり、形を変化させたりするうえ、動きの幅や動き方によっても変化が異なるので、参加者は自分だけのデジタルアートを作り出すことができた。参加中はミラーで自分を確認できたり、スマホなどで撮影もできるようになっていたが、体験中に撮影した参加者の静止画をつなげた「.GIF」ファイルが、ウェブ上のギャラリー(http://www.lux25.jp/)で紹介されるようになっていた。

 インスタレーションブースを始め、会場に展示されたさまざまなデジタルアートは最先端のクリエイターチームが手がけた。スペースオーには、上を歩くときらめきが変化するデジタルアートも登場し、多くの人が楽しんでいた。

 25周年を迎えた「LUX」は、「ラックス スーパーリッチシャイン」「ラックス スーパーダメージリペア」シリーズのほか、「LUX」初のノンシリコンシャンプーとトリートメントの新シリーズ「ラックス ルミニーク」を発売中。