一歩違えば、ダークワールド?『呪怨−終りの始まり−』

 日本国民が選ぶ“最も怖い映画シリーズ”堂々1位! 元祖オリジナルシリーズとしては11年ぶりに復活。『催眠』『感染』の落合正幸が脚本・監督を務めたシリーズ最新作。佐々木希を主演に、青柳翔、トリンドル玲奈ら人気キャストが揃った話題作。韓国、香港、シンガポールなどでも公開され大ヒットした。

 小学校3年の学級担任を急きょ務めることになった結衣は、不登校を続けている生徒・佐伯俊雄の自宅を訪問する。しかしその日から、結衣の周囲で奇妙な出来事が起こるように。その家は足を踏み入れた者すべてが奇怪な死を遂げる“呪われた家”だった。少しずつ明らかになる佐伯家の謎。何かに導かれるように、再び佐伯家を訪れた結衣を待ち受けるものとは…。
販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント 11月6日(木)発売 3800円(税別)