『くるみ割り人形』(3D)試写会に15組30名 

【日時】11月26日(水)19時~【会場】よみうりホール(有楽町)
 ハローキティを生んだサンリオが1979年に、チャイコフスキー作曲による世界三大バレエの1つ『くるみ割り人形』を実写人形アニメーション映画化した作品を、“Kawaiiカルチャー”の火付け役・増田セバスチャンがリ・クリエイト。当時の映像作品をもとに、最先端のデジタル映像技術を駆使して極彩色でカラフルな色彩を施した。さらに新たなアニメーション・パートまでも融合し、最後に全編を3D化。懐かしいのに新しい、かつてないKawaii人形アニメーションが誕生した。

 リ・クリエイトに合わせ現代の豪華俳優陣が新たに声を担当。大切なくるみ割り人形を追って不思議な世界に迷い込む少女・クララ役に有村架純。クララと運命的な出会いを遂げる人形の国の将校役に松坂桃李。対する悪役、ふたつ頭の白ネズミの女王には、声優初挑戦となる広末涼子。さらに一人4役をこなすキー・キャラクターに名優・市村正親。

 作り込まれた人形や舞台の秀逸さに加え、増田セバスチャンならではの世界観を楽しんで。

 11月29日より新宿ピカデリー他にて公開。