長澤まさみと斉藤由貴の二人芝居 稽古場では三谷幸喜がカップヌードル係!?

 三谷幸喜作・演出の長澤まさみと斉藤由貴による二人芝居『紫式部ダイアリー』の初日開幕直前会見と公開ゲネプロが31日、渋谷のPARCO劇場で行われた。

 これまでPARCO劇場では海外の芸術家を主人公に作品を描いてきた三谷が、今回は平安時代の女流作家である紫式部と清少納言を取り上げ、「作家」を題材として書き上げた。

 作品について三谷は「いつか自分に近い登場人物の話を作りたいと思っていた。そのとおりにやると生々しくなりすぎてしまうので、主人公を女性にしたことによって、一番自分を投影した作品になった。今の僕は清少納言に重なるところがあるし、若いころの自分は紫式部に重なる部分がある気がしています」と語る。そして「この2人にあてて書いたので、この2人じゃないと成立しない作品」とも。

 物語の舞台は、とある文学賞選考会の前夜のバー。今や飛ぶ鳥を落とす勢いの若手作家・紫式部と『枕草子』がベストセラーとなりエッセイストとして確固たる地位を築いた清少納言がお酒を酌み交わしながらオンナの戦いを繰り広げる。

 時代を現代に置き換え、2人の仕事を持つ女性の、それもベテランと新進気鋭の2人の女性の物語になっている。

NULL
 紫式部を演じる長澤が「(三谷の演出は)嫌になるくらいすごく丁寧で細かった(笑)。コメディーというと、どうしてもその場の空気感や間といった、その時の流れをくんで生まれるものが多いのかなって思うことが多かったんですが、三谷さんと一緒に作品を作っていく中で、ノリとかその場の空気というものではないということを実感しました。そこににたどりつくまでには、丁寧に積み重ねていくことでの笑いがあるということを感じましたし、そういう演出を受けて勉強になりました」と語れば、清少納言を演じる斉藤は「演じる者として狙っていこうとしてしまう部分があるときを、三谷さんは割と逆の指示をされることがある。ゆったりやりたいところでも、“テンポ出していきましょう”というように。三谷さんの俯瞰する目といったものを感じて、すごいなと思いました」と三谷の演出にすっかり敬服の2人。もっともその一方で「三谷さんにカップヌードルを作っていただいたのが一番の思い出」(斉藤)、「私も作っていただきました」(長澤)となかなか楽しげな稽古場だったようだ。

 11月1~30日まで、渋谷のPARCO劇場で上演。その後、年末まで全国5カ所で上演される。公演の詳細はhttp://www.parco-play.com/http://www.parco-play.com/ まで。