EXILEとしてグループに貢献できる事は何でも挑戦したい 岩田剛典

EXILE、そして三代目J Soul Brothesのメンバーとして活躍する岩田剛典。10月からは木曜劇場『ディア・シスター』(フジテレビ系、木曜午後10時〜)で、石原さとみの相手役をつとめるなど、その活躍の場を広げている。そんながんちゃんこと岩田が、ドラマにかける意気込み、人生のターニングポイントだったという三代目J Soul Brothes のオーディション秘話、今後の夢、そしてEXILE HIROやEXILEへの思いを率直に語る。(聞き手・一木広治)
一木(以下、一)「今、放送中の連続ドラマ『ディア・シスター』にレギュラー出演していますがいかがですか」

岩田「まだ自分のお芝居を見るのが恥ずかしい部分もありますが、ファンの方が僕に抱いているイメージはものすごく変わると思いますし、新しい一面を見せられる自信はあります。普段EXILEとして活動している時は、服装も髪型もキメキメですが、そういうイメージを全部ぶち壊したいという気持ちがある。役柄もすごく自然体でナチュラルなキャラクターなので、寝起きでそのまま現場に来て、撮ってますみたいな(笑)。役作りも、石原さとみさん演じる主人公美咲の親友という設定なので、女友達みたいに気軽に話ができるという雰囲気を出すために、地声をちょっと高くしてみたり、リアクションを少しだけオーバーにしてみたりするぐらいで、あまり作りこんでいません。逆に、見ていただくみなさんに“これって演じてるの?素なんじゃないの?”って思われるぐらいがいいかなと。実際、プロのスケートボーダーを目指しているっていう部分で、昔の自分と重なるところがある。純粋に夢を追って、自分のやりたいことを突き詰めて仕事にしていきたいっていう自分がいましたから。大学時代は、新宿の現・損保ジャパンビルで、ずっとダンスの練習をしていました。そこで今EXILEで一緒にやっているNAOKIさんとも会ったんですけど、ダンスバトルをしながらも、似たメンツが集まっているので、コミュニティーが生まれて、一緒にチームを作ったりとかもあったので、役柄と被る部分はあります。まだメンバーにドラマの感想は聞いていませんが、この仕事が決まった時は、三代目J Soul Brothesのみんなが“ヤバイね”とか言ってすごく喜んでくれましたし、EXILE のメンバーも“予告編見たよ”とか言って楽しみにしてくれていたので、プレッシャーも感じつつ、最後までしっかり演じきりたいと思っています」

一「相手役の石原さとみさんはどう?」

岩「プロ意識の高さにいつも刺激を頂いています。石原さんって、演技をしている時も普段もあのままなんですよ。テレビで見ていた僕の印象そのままというか。すごく気さくな人で、場も和ませてくれますし、とても素敵な方です。共演させていただいて、すごく助けられてると感じる部分もあり心強いです。ドラマもあと数話ですが、撮影期間中は本当に日々好きになっちゃうぐらいの気合で挑んでいきたいと思います。押忍(笑)」
一「ところで今年、EXILEに新メンバーとして加入し、夢に一歩近づいたと思うのですが、今後の目標は何ですか」

岩「一番大きな夢はスーパースターになりたいっていうことなんですけど(笑)、それはどういうことかとういうと、いつか自分がEXILEを引っ張っていける存在になりたいんです。そしてその考えのベースにあるのは、HIROさんに恩返しをしたいという気持ちなんですね。HIROさんがきっかけで、この世界に導いていただいたので、HIROさんに最高の恩返しをするために、自分に何ができるのかを常に考えている。その意識を持ってパフォーマンスやお芝居だけにとらわれず、多岐にわたり、その時々でEXILEメンバーとしてグループに貢献できることがあれば、どんなことにでも挑戦していきたいという気持ちは常に持っています。ですから、今は三代目J Soul BrothesとEXILEを兼任していますが、EXILEメンバーになることにより、三代目J Soul Brothesに一般性を持ち帰り、グループの幅を広げられたらいいと思いますし、そんなふうにいろいろなことをつなげていければいいですね」

一「EXILEメンバーのオーディションの時は大本命だったけど、プレッシャーとかはなかった?」

岩「めちゃめちゃありました。でも逆にそのプレッシャーを超えるためにあえて、三代目J Soul Brothesの『ブルーインパクト』というツアーのMCの時に毎回“EXILEメンバーになります”って公言していました。言いすぎてあとでHIROさんに“あれだけ言われたら、逆に落とせないよ”って冗談交じりにいじられましたけど(笑)。でも言うことで自分を追い込んでいたんです。ただ、EXILEになったからというより、本当にHIROさんとLDHに貢献したいという気持ちが根底にあるので、残りの人生を個人としてどう生きるのかということは常に気持ちの中にあります」

一「じゃ、人生のターニングポイントはEXILEメンバーになった時?」

岩「もちろんそこも含めてターニングポイントは何度かありましたが、大きく人生が変わったということでいえば、2010年9月18日に、三代目J Soul Brothesのパフォーマーオーディションに合格した時かも知れないです。「ファンタジー」ツアーの神戸スタジアムだったと思うんですけど、リハーサルの時に直接HIROさんから、発表があったんです。“劇団EXILE風組からエリー、山下健二郎、そして一般から岩田剛典”って言われて。もうガチ泣きしました(笑)。企業の内定も断って、めっちゃ辛い合宿行ったのに、これに落ちたらフリーターかって思っていて(笑)。周りはみんな企業に就職して働いているのに、俺は何やってるんだって。落ちたら後がないっていうぐらい追い込まれていたので、本当に夢が叶った瞬間でしたし、そこからすべてが始まったといってもいいぐらいでした」

一「慶応大学を卒業して、企業まで内定していたのに、パフォーマーになろうと思ったのはなんで?」

岩「きっかけはNAOKIさんです。NAOKIさんとは、大学とか関係なしに、渋谷で一緒にダンスをやっていたメンバーなんです。もちろん先輩ですが、同じダンスチームを組んでいたり、二代目J Soul Brothesになる前からよく知っていました。だから、二代目J Soul BrothesからEXILEのメンバーになる経過もずって見ていましたし、2009年に初めてNAOKIさんがEXILEとしてパフォーマンスしたライブも見に行きました。その時は“NAOKIさんすごいなー”というぐらいしか思っていなくて、自分がそこに行きたいという思いはなかった。そして2010年の初夏にNAOKIさんから電話が入って、新ユニットを作るにあたりパフォーマーを探していると言われたんです。NAOKIさんとNAOTOさんがリーダーで、あとエリーも入るって決まっていて、そのまま3人か5人か決まってないけど、5人になったらあと2人足りないから受けてみない?って。もちろんオーディションですから、ほかにプロダンサーの候補が30人ぐらいいたんですけど、よかったら挑戦してみないって言ってくれて。最初は、内定をもらっていて、ほかに行くところがあるからって断ったんですけど、それをきっかけに、自分の本当の夢ってなんだろうって思ったんです。就活のためにエントリーシートも100通以上書きましたし、面接も何十社も受けたけど、そういうふうに就活していても、いまいちピンとこない自分がいて…。もちろんダンスが好き過ぎるから、ダンスで飯が食えるなら一番いいだろうなって漠然と思ってはいましたが、バックダンサーだけじゃなかなか生活できないっていう日本の現状も分かっていましたし。だからダンスは趣味でと自分の中で割り切っていた部分があったんです。それにNAOKIさんとかを見ていても、ひと握りの人しかそういう世界では輝けないと感じていましたし、自分はその世界に行く人間ではないと無意識に壁を作っていたんです。でもNAOKIさんの言葉はすごく強力な誘惑だった。だから新ユニットという誘いは、暗闇に差した一筋の光というか…。でも内定はもらってたし、前期で単位を取り終わっていたので、旅に出ようと思ってバイトもしてたし、ずっと迷っていたんです。やりたいけど中途半端な気持ちでNAOKIさんの誘いに乗って、途中で辞めますなんて言えない…。真剣に悩みました。結局これが人生の分岐点だなと思って選んだのが、オーディションを受けるという道でした。まだ25年しか生きていませんが、この5年はほんと波乱万丈で、めっちゃ濃い5年間でした。2010年の夏は一生忘れられないと思います」

一「最後に岡山のファンにメッセージをお願いします」

岩「ライブがあればもちろん行きたいですが、ライブ以外にもラジオとか、行く機会があると思いますので、何かしらのタイミングで岡山にうかがって、ファンの方と直接コミュニケーションがとれるようにしていきたいと思っています。EXILEや三代目J Soul Brothes、そして僕を応援して下さっている方がたくさんいらっしゃることは感じているので、ぜひ恩返しの意味も込めて直接みなさんに会いに行きたいと思います。その時は最高のパフォーマンスをお見せします。それまでは、ドラマを見てキュンキュンして下さい(笑)」
岩田剛典'S POSITIVE ITEMDVD.jpg

いつも前向きな岩田剛典の気持ちがアガるポジティブアイテムを紹介

MOVIE「クールランニング」
黒人の若者たちが雪のない国でボブスレーをやってオリンピックを目指す話なんですけど、相当おバカな映画です(笑)。涙あり、笑いありで、底抜けに明るい映画なので、元気になるにはもってこいです。



COMIC「テラフォーマーズ」book.jpg
今単純にハマっている漫画。設定がやばすぎてぶっ飛んでいるんです。火星を人類が住める星にするために、地球上で一番生命力があるゴキブリを20年間火星に放置するという実験が行われた結果、ゴキブリが巨大化して人間みたいになるんです。ゴキブリが人間サイズになると一瞬で200kmのスピードで移動できたり、力も半端なかったりするんですが、それがすごく繁殖していて、人類対ゴキブリの戦いが始まっていく…という話です。実写化されたらぜひ出たいですね。ゴキブリ?じゃなくて駆除する人類のほうで(笑)。



ANIMAL「犬」
犬が大好き。人懐っこいし、癒されるから。ミニチュアダックスフントを飼っていました。成長しすぎてミニチュアじゃなかったですけど(笑)。犬なら大きいのも小さいのも全部好き。僕もよく犬顔って言われますが、自分でもそう思います。うちの犬に似たのかな(笑)。

答えて!がんちゃん

読者から寄せられた質問に岩田剛典さんが回答。質問が採用された人には、がんちゃんから名前入りでサインをプレゼント。

Q.座右の銘、またはモットーは?(質問者:結衣ちゃん)
A.「今となってはなんですけど、“強く願えば夢は叶う”ですね。もちろんそのためには努力が必要で、言葉としても綺麗事のような言葉なんですけど、実際自分が感じていることなので」

Q.元気の原動力は?(質問者:さとみさん)
A.「応援して下さるみなさんの声とHIROさんへの感謝、そして家族です」

Q.「岡山」と聞いてイメージするものは?(質問者:みなこさん)
A.「やっぱり桃太郎のイメージ。犬も連れているし(笑)」




<木湯劇場>『ディア・シスター』
木曜夜10時よりフジテレビ系にて放送中

一木広治(ICHIKI KOJI)
株式会社ヘッドライン代表取締役社長 / 二十一世紀倶楽部理事事務局長 / ライオンズ日本財団評議員 / 株式会社LDH エグゼクティブプロデューサー / 株式会社ローソン顧問 / 株式会社モブキャストエグゼクティブプロデューサー / アンファー株式会社顧問 / 東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会事業広報アドバイザー / 淑徳大学人文学科客員教授