ジェットスター・ジャパンが国際線就航 大阪から香港へ

 
20141203a.JPG
 ジェットスター・ジャパンが3日、就航以来初となる国際線、大阪(関西)=香港線を2015年2月28日から就航することを発表した。週3往復6便で開始。段階的に増便を検討する。運賃は片道5990~3万3490円で、空港使用料や燃油サーチャージ、諸経費が別途必要になる。

 国際線の就航の決定について、 鈴木みゆき代表取締役社長は「楽しみにしている」。今後の新路線についても、「需要に応じて考えていきたい」と話した。

 就航にともない、香港線、国内全路線、一部国際線の指定便エコノミー「Starter」の片道運賃が599円になる香港線就航記念セール『香港線デビュースペシャル』を実施。販売期間は3日16時から8日10時までで、完売次第終了となる。


ついに巨人戦も! DAZNがジャイアンツホーム全試合の配信を開始
トランプ氏、また言っちまう
TOKYO[5weeks]TOPICS Last 2weeks 2017.7.6〜20
デビュー作で芥川賞受賞
蓮舫氏が戸籍謄本の一部など開示
【今週の一言】2017.7.7〜2017.7.20