E-girlsとの時間を思いっきり楽しんで! Aya & 鷲尾伶菜

Eーgirlsとの時間を楽しんでいただきたい!

アルバムにはそんな気持ちを込めました。
EXILEの意志を引き継ぐガールズ・エンターテインメント・プロジェクト、E-girlsがスタートダッシュを決めている。元旦にニューアルバム『E.G. TIME』をリリースした。「E-girlsとの時間を楽しんで!」、そんな気持ちを込めた作品だ。2月には2回目となる単独アリーナツアーも控え、更なる飛躍が期待される。リーダーのAya、ボーカルの鷲尾伶菜にインタビューした。
 E-girlsの存在感が増している。ライブ会場には歓声が響きわたり、テレビや雑誌でも引っ張りだこだ。

Aya「昨年は結束力をテーマに掲げて、常にそれを胸に活動してきました。いろいろな活動がありましたが、なかでも夏に行ったE-girlsとして初めてのアリーナツアーはグループにとって大きかったですね。結束力もぐっと高まりました」

鷲尾「そうですね。そのツアーのあとの、EXILE TRIBEのドームツアーにも参加させていただいて、いろいろ学ばせてもらいました。ドームでライブするということってあまりないですから、そのステージに立ちながら、イメージトレーニングではないですけど、先輩方の背中を見ながら勉強させていただいたと思います。グループとしても、個人としても」

 キャリアを重ねるなかで活動の幅も広がった。そのなかでも、大切にしているのがライブ。ステージの上でのパフォーマンスだ。「そのためにやっている」と、2人は視線を合わせる。

 振り返れば、グループとしてデビューする前から、ステージは踏んできた。その後もステージを数多く経験し、その反省を次の舞台に反映してきた。それゆえに、ライブの完成度も高まっている。

Aya「お客さんの反応が変わってきましたね。EXILE TRIBEのツアーには何度か出演させていただいているんですけど、最初のころは自分たちが出て行っても客席はシーンって感じで(笑)。でも、今はすごい歓声で迎えていただけるんです。その声を聞きたいから、わざとイヤーモニターを外してるくらいです」

 最新アルバム『E.G. TIME』もライブパフォーマンスすることを考えて作った。

Aya「タイトルは、Eーgirlsとの時間を楽しんでいただきたい!という気持ちを込めていて、このタイトルに向かって、制作しました。シングル曲やカバー曲も収録されることが決まっていたので、その一曲一曲の制作についてもライブに向けて作ってきました」

 最新シングル『Mr.Snowman』やキラキラしたポップチューン、『おどるポンポコリン』に、名曲をカバーした『ロックンロール・ウィドウ』まで収録曲はバラエティーに富んでいて、カラフルだ。「お子さんから大人の方まで聞いていただけるアルバムに仕上がっています」と、Ayaは言う。

 新曲のなかでも、チャレンジだったのは『Music Flyer』と口を揃える。この曲は、中田ヤスタカによる楽曲だ。

Aya「新しい挑戦ですよね。中田さんは世界に通用する楽曲を送り出している方。制作陣に加わっていただくことで、E-girlsも日本だけでなく世界に向けてやっていけるかなって」

鷲尾「楽曲だけではなく、歌うことについても挑戦でした。レコーディングではビブラートを使って歌うことが禁止だったりしたので、そのなかで新しい歌い方に挑戦してるんです」

Aya「それで、新しい声に出会えたりもしたね」

鷲尾「はい。それに、この曲では全員で歌っているので、E-girls感があります」

 この作品づくりもまた大きな「学び」になった。それを携えての「E-girls LIVE TOUR 2015 “COLORFUL WORLD”」のスタートも迫ってきた。

Aya「ツアーのタイトルは、“COLORFUL WORLD(カラフルワールド)”。昨年の初めてのツアーが“COLORFUL LAND”でしたから、それを超える内容にしなきゃいけないなって思っています。このツアー、意見を言うこともテーマになっているので、どんなことをやりたいのか、どんなふうにパフォーマンスしたいのかってことをメンバーみんなでアイデアを出していこうってしているので、実現できるか分からないことも含めて、いろんな案が入ってきています。期待していただければ思います」

 E-girlsの夢は「EXILEさんみたいにライブを続けられるアーティストになること」。その夢を叶えるために、2015年もまい進する。
鷲尾「E-girlsのEはEXILEのEですから、その名に恥じないアーティストになれるように、中身からそういう人間になっていかないといけないなと思いますし、私たちもドームでライブができるようなビッグなアーティストになりたいなと。そのためにも内側から成長していかないとと思っています」

Aya「作品もトレーニングもすべてライブにつながっていますし、ライブのために日々頑張っています。お客さんとのコミュニケーションの場を常に作れる、そういう大きいアーティストになりたいと思っています」

 2014年、同じEXILE TRIBEの一員である三代目J Soul Brothersが元旦にアルバムをリリースして大ブレークしたこともあり、「期待されていることも感じる」と言うが、「自分たちも誇りを持って、E-girlsの新たな幕開け、自分たちの時代を切り開いていきたい」と意気込む。アルバムタイトルの『E.G. TIME』は、「E-girlsとの時間を楽しんで」という意味とは言ったが、本当はE-girlsの時代の到来を示しているのかもしれない。

(本紙・酒井紫野)
NULL
アルバム『E.G. TIME 』を聞いたらライブがぐんと楽しくなる!

 サードアルバム『E.G.TIME』は、インタビューでメンバーが語ったように、ライブすることを強く意識して制作されたアルバムだ。収録されているのは最新シングル『Mr.Snowman』をはじめ、『ごめんなさいのKissing You(E.G. TIME version)』、『Follow Me(E.G. TIME version)』といったおなじみの楽曲、『ロックンロール・ウィドウ』のほか『おどるポンポコリン』『うれしい!たのしい!大好き!』といったカバー曲など全15曲。幅広いファン層を意識した子どもから大人まで楽しめそうな内容になっている。

「音楽的だけでなく、映像的にも楽しんでいただける作品になっているのもこのアルバムの特徴です」と言うのは、リーダーのAya。「アルバムは3タイプあるんですけど、TYPE 1.とTYPE2.には昨年の夏に行った初アリーナライブのなかから、日本武道館公演の模様を全編収録した映像作品がついています。映像作品として別にリリースしてもいいと思うんですけど、あえてつけてしまいました。2月からアリーナツアーが始まるんですが、E-girlsの事、曲も知ってるけど、ライブには行ったことないんだよねっていう人たちに、ぜひ見に来てもらいたいなって気持ちが強くって。このライブの様子を見てもらえたなら、足を運んでもらえるんじゃないかと思ったんです」

 歌とダンスからなるパフォーマンスでこそ堪能できるE-girlsの本当の魅力。目と耳で楽しみたいアルバムだ。

左:TYPE 1.〈CD+Blu-ray3枚組スペシャルパッケージ〉7020円、TYPE 2.〈CD+DVD3枚組スペシャルパッケージ〉5940円 中:TYPE 3.〈CD+Blu-ray(Video Clips & Document
ary)〉4860円、TYPE 4.〈CD+DVD(Video Clips & Documentary)〉3780円 右:TYPE 5.〈CDのみ〉3078円 ※すべて税込



全国アリーナツアーは2月から

 最新作を携えての全国アリーナツアー「E-girls LIVE TOUR 2015 “COLORFUL WORLD”」は、2月14日のバレンタインデーに、福岡・マリンメッセ福岡からスタートする。発表されているのは、福岡(2月14・15日)に続き、名古屋・日本ガイシホール(3月17・18日)、大阪・大阪城ホール(3月28・29日)だ。

 メンバーの意見がより反映される内容になるというだけに、必ずチェックしておきたいライブだ。現時点で関東での公演予定は明らかになっていないのが気になるところ。詳細やアップデートはE-girls公式サイト(http://e-girls-ldh.jp/http://e-girls-ldh.jp/)で。