匠タッグが放つ、奇跡と希望の物語! 『トラッシュ!―この街が輝く日まで―』

 第9回ローマ国際映画祭ではガラ部門最高賞を受賞するなど、各国の映画祭で絶賛されている注目の一本。『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリー監督と『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス脚本という、イギリスを代表するフィルムメーカーがタッグを組み、絶望の中に希望を見出していく少年たちの姿を描いた感動作。

 少年たちが成長していく姿を通して世界中に感動を与えてきたダルドリー監督。3年ぶりとなる新作では、世間から見放された少年たちが、自らの信念によって世間を変えていく姿を、スリリングなストーリーに乗せて描く。

 ゴミ山でたくましく生きる3人の少年たちの、いきいきとした演技も、世界各国の映画祭で絶賛。演じるのは、数千人もの候補者の中からオーディションで選ばれた演技経験のない、無名の少年たちだ。脇を固めるのはハリウッドの実力派たち。3人の少年たちを見守る神父役に名優マーティン・シーン。少年たちとの出会いによって自らの価値観を大きく変えていく女性・オリヴィア役に『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラ。ストリートで生きる知恵と勇気で、危機を乗り越えていく少年たち。スリルと興奮の果てに、もたらされる奇跡とは…。
STORY:ラファエル、ガルド、ラットの3人の少年はブラジル、リオデジャネイロ郊外のゴミ山でゴミを拾って生活している。ある日、彼らはゴミ山の中で一つの財布を拾う。しかしその財布には、世界を震撼させる重大な秘密が隠されていた。警察は財布の大捜索を始め、町は大混乱。少年たちは自らの信じる“正しい道”を選ぶため、財布に隠された謎を解き明かそうとする。

監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:リックソン・テベス、エデュアルド・ルイス、ガブリエル・ウェインスタイン他/1時間54分/東宝東和配給/TOHOシネマズ みゆき座他にて公開中 http://trashmovie.jp/