韓国から大旋風巻き起こせ! Block Bは”Very Very Good!”

Block B 2015 HAPPY NEW YEAR LIVE SHOW REPORT!
 韓国出身の7人のWARUGAKI、Block B(ブロックビー)が21日、シングル『VERY GOOD』で日本デビュー。それに合わせて、19日からの1週間で『SPECIAL WEEK』を展開し、たくさんのファンを集めた。本紙はそれに先立って行われたライブ『Block B 2015 HAPPY NEW YEAR LIVE SHOW』に潜入した!
 外と室内の温度差は少なくとも20度以上はあっただろう。Block Bのライブが行われたZepp DiverCity内は熱気に包まれていた。Tシャツ1枚でも汗が噴き出て、身体に張り付くようなサウナ状態。それほど、彼らのライブはアツかった。

 2011年に韓国でデビューしてから、本国での活動とともに、日本でもファンミーティングやライブなどを開いてきた。この日のライブも満員御礼で、グッズが売り出された15時30分には地下にある会場から地上、さらには会場のある建物の外までファンが長い行列を作ったほどだ。そのほとんどが女性で、制服姿も少なくなかった。揃ってハングルで書いたメッセージボードを提げていたことからも彼らの人気が伺えた。

 開演時刻の19時には、1階のスタンディングエリアはもちろん、2階席もぎっちりと埋まった。照明が落ちると、客席のざわざわとした声はビリビリと会場全体を震わせるような歓声になって脱走犯を思わせる囚人服で登場した7人を迎えた。『NolinA』、そして日本デビューシングル『Very Good(Japanese Version)』というアッパーでノリのいい楽曲でセットをスタート。オーディエンスが掲げるペンライトはキラキラと輝くカーペットのようになって、ビートとともに波打つ。「11月の韓国のライブからつながっているライブです。7人のワルガキで思い切り暴走したい」、「一生懸命練習してきたので聴いてください!」といったあいさつで、ボルテージはさらに上がった。

 セットの中盤に用意されたのは聴かせるパート。メンバーはそれぞれワイングラスを手に『ロマンチックに』、そしてTAEILのハイトーンボイスが映える『11:30』などをパフォーマンス。「僕たちは盛り上がる曲のイメージがありますけど、甘い曲もあります」とメンバー。折り返し前に熱気でムンムンになった会場をクールダウンするとともに、オーディエンスのハートをぎゅっとつかんだ。

 ラストスパートは、世界を席巻するEDMサウンドや4つ打ちなどフロアライクなナンバーで畳み掛けた。「7人のワルガキが最後の圧迫をかけるぞー!」のあおりと、ZICOの「アイ・ワナ・ロック・ライト・ナウ!」の声とそれに応えるオーディエンスの歓声がまじりあうなかで、韓国語で『Very Good(Rough Version)』を歌唱。オリジナルバージョンと比べ、荒々しいアレンジメントで、Block Bのもう一つの魅力を目に焼きつけるパフォーマンスでライブを締めくくった。

「日本のみなさんは僕たちに負けないぐらい遊ぶのがうまい」「大切な思い出になった」「この時間は絶対忘れない」と、メンバー。日本での新たな一歩に手応えを感じたようだった。

 大旋風を巻き起こすものという名前を持った彼ら。ここ日本でもその大旋風がスタートし始めた。
7人のWARUGAKIに7つのクエスチョン!

1.尊敬する、影響を受けたアーティスト
2.Block BのどんなところがWARUGAKI
3.メンバーのなかで一番WARUGAKIは?
4.自分のWARUGAKIエピソード
5.休みの過ごし方
6.日本で行きたいところ/したいこと
7.自分の「VERY GOOD」な瞬間

ZICO(ジコ)635ZICO.jpg
リーダー・ラップ・作詞・作曲・プロデューサー
B.D:1992.9.14
特性:カリスマ・プロデューサー・ファッションアイコン

1.andre3000、ソ・テジ、will I am. 
2.ステージでのコンセプトやメンバーの個性。善良なイメージとはかけ離れているってことですけど… 
3.JAEHYO。性格良さそうに見えますけど実は……(笑) 
4.僕はそんな悪いことはしていません 
5.映画やいろいろなアーティストのミュージックビデオを見ています 
6.富士急ハイランド。高飛車に乗ってみたい! 
7.ラップをしているとき

B-BOMB (ビボム) 635BBOMB.jpg
ボーカル・ダンス
B.D:1990.12.14
特性:ダンスの神

1.クリス・ブラウン、ジャスティン・ティンバーレイク 
2.自由奔放なステージ 
3.P.O。彼はその方面では本当に才能の結晶体です 
4.僕の携帯電話にはメンバーたちの猟奇的な写真がいっぱい入っています 
5.家でゆっくり休む。なかなか会えない友達に会ったりします 
6.沖縄。美ら海水族館に行ってジンベエザメが見たいです 
7.Block Bとしてステージに上がった時

P.O(ピオ)635PO.jpg
ラップ
B.D:1993.2.2
特性:スーパー“低音”ボイス

1.音楽はもちろんファッションや映画からインスパイアされることが多いです 
2.ステージの上で自由奔放に楽しさを表現するところ 
3.PARK KYUNGさん。彼が僕を選んだので 
4.性格が良すぎるのが問題(笑) 
5.友達とおいしいものを食べたりおしゃべりを楽しんだりします 
6.グルメな旅。PARK KYUNGさんの黄色い車で旅に出たい 
7.誰も思ってもみなかったことを想像し、それを実現させた時

U-KWON(ユグォン)635UKWON.jpg
ボーカル・ダンス
B.D:1992.4.9
特性:エンジェルスマイル

1.マイケル・ジャクソン、クリス・ブラウン 
2.ステージを本気で楽しみ、型にはまらない姿を見せているところ 
3.TAEILさん。隠れたワルガキです
4.JAEHYOさんにいたずらをしました……JAEHYOさんはメンバーたちがいたずらをしても受け入れてくれるんです 
5.言葉のとおり「休憩」します。たくさん寝ます 
6.東京タワーに上って東京の夜景を満喫したい 
7.ステージに上がった瞬間

PARK KYUNG(パクキョン)635PAKYON.jpg
ラップ・作詞
B.D:1992.7.8
特性:4次元/不思議ちゃん

1.Kero one。感性をトラックに載せて表現するのが本当にカッコいいです 
2.ステージの上の僕たちは最高のワルガキです 
3.P.O(ごめんね!)
4.P.Oの洋服を本人に断らずに着て出かけたこと(P.O、ごめんね!)
5.ドライブにハマっているのでいろんなところにドライブに行きます 
6.ディズニーランド 
7.ライブの本番を前に真面目な自分になっている時。普段はふざけたりしているので

TAEIL(テイル)635TAIL.jpg
メインボーカル
B.D:1990.9.24
特性:スーパー“高音”ボイス

1.韓国のアーティストのムン・ミョンジン。『チャムモットゥヌンパメ(眠れぬ夜に)』という曲がオススメ 
2.たぶん僕らの顔(笑)
3.B-BOMB。本人は普通、平凡だと思ってるみたいだけどその逆 
4.メンバーが寝ている写真をいっぱい撮りました 
5.水槽の管理。手間がかかるのであっという間に時間が過ぎちゃいます 
6.温泉旅行で疲れを取りたい 
7.曲のクライマックスのパートを歌っている時

JAEHYO(ジェヒョ)635JAEHYO.jpg
ボーカル
B.D:1990.12.23
特性:自称ビジュアル派

1.韓国のフィソン、ユ・ソンウン。2人の曲を聴いていると自然に歌いたくなります
2. Block Bからワルガキらしくないところを探すのは難しい 
3.僕を除くメンバー全員 
4.TAEILは自分の剃刀を自分だけが使っていると思っているでしょうが、実は僕も愛用しています 
5.写真を撮りに出かけます。
6.ディズニーランドや大阪、京都 
7.ステージに上がった時が最もエネルギッシュで幸せです

日本デビューシングル『VERY GOOD』発売中!63515.jpg

 本国での活動と並行して日本での活動にも力を入れてきた彼らが21日に日本デビューシングルとなる『VERY GOOD』(Japanese Version)をキングレコードからリリース。初回限定盤〈TYPE-A〉(1667円・税別)はCD+DVD、同〈TYPE-B〉(2500円・税別)はCDにグッズ付きとスペシャルな内容。CDのみの通常盤(926円・税別)もある。リリースの詳細や今後の活動については公式サイト(http://www.block-b.jp/)をチェック!