「家族で毎日乗りたい」新型B-Class

新春から話題の新型B-Classがメルセデス・ベンツ コネクションに大集結
メルセデス・ベンツのクオリティーを日常の多彩なシーンに合わせて自分らしく楽しめる、新型B-Classの魅力に迫る!
自分なりに楽しめる万能型!日常シーンで実用性満点

 街乗り派もドライブ好きも、ファミリー層もおまかせ! みんなが自分なりの楽しみ方ができる、それがメルセデス・ベンツの新型B-Class。そのポイントは広い室内空間と優れた実用性。ラゲッジスペースは家族でレジャーに出かける車としても活躍しそうな広さで、フロントの視界も広いので車の運転が苦手な人も安心。かつ当然ボディーサイズはコンパクト、しかも小回りもばっちり。フロントデザインがよりスタイリッシュになり、街乗りの気分も上がる。これなら毎日の通勤や買い物からレジャーまで、日常の多様なシーンで活躍しそうだ。


 1月9日から11日まで幕張メッセで行われた車の祭典『東京オートサロン2015 with NAPAC』で行われたB-Classの発表イベントでは、モデルたちが次々とB-Classに荷物を積みこみラゲッジスペースの広さをアピールした他、CM楽曲を書き下ろしたRIP SLYMEも登壇。同曲『この道を行こう』の歌詞は新型B-Classをイメージして書かれたことや、実際に乗ってみてコンパクトカーと思えない広さやゴージャスさに驚いたことなどを明かし、会場を盛り上げた。

 プレミアムな安全性と快適性に加え、さまざまな日常シーンにマッチする使い勝手の良さ。車好きはもちろんファミリー層にも愛されそうな車だ。
NULL
「どんな乗り方」もできるから「自分らしい乗り方」が見つかる

 新型B-Classの基本ラインアップは「B180」「B180 Sports」「B 250 4MATIC Sports」。それらに加え「B 180 Sports Edition Red」と「B 250 4MATIC Sports Edition Red」という台数限定の特別仕様車も新型B-Class発表を記念して発売された。多彩なシートアレンジや12色から選べる室内イルミネーションなど自分らしさを演出する楽しみも見逃せない。標準装備の緊急ブレーキ機能〈CPAプラス〉の他、レーダーセーフティパッケージ(オプション設定)など最高水準の安全性と高次元で両立する機能美を創造している。


コンパクトなのに、この広さ! 驚異の室内空間

 室内を見てまず目を引くのが、無駄のないフラットなデザインで広々としたラゲッジスペース。通常時でも488リットル、後部座席を倒せばコンパクトカーのレベルを超える1547リットルもの空間を確保できる。この広さがあれば、毎日の買い物はもちろん、家族や仲間とロングドライブしたりレジャーに出かけるのも快適。この広いラゲッジスペースを活用するアクセサリーも順次取りそろえる予定とのこと。

写真上:ラゲッジスペースは通常時でも488リットルの広さ。ラゲッジルームカバーは全車標準装備。 写真下:後部座席を前方に倒すと、最大容量の1547リットルという広い空間を確保できる。これなら大きな荷物もラクラク。