1・30 W-1 武藤がW-1チャンピオンシップ2度目の防衛

 プロレスリングWRESTLE-1の「WRESTLE-1 SUNRIS TOUR 2015~New Year Fight~」後楽園ホール大会が1月30日開催され、メーンで行われたWRESTLE-1チャンピオンシップで武藤敬司が征矢学を19分34秒、足4の字固めで破り、2度目の防衛を果たした。

 征矢は昨年末の大会で、ベルトを防衛した直後の武藤にリング上で挑戦を表明したものの一言「保留」とばっさり断られ、赤っ恥をかかされた。しかし今年最初の1・11後楽園大会でタッグマッチながら武藤からサソリ固めでギブアップ勝ちを奪い、実力でこの日の挑戦にこぎつけた。

 対戦が決まってからも武藤から「ギミックレスラー」「ただのバカ」とおちょくられる征矢だったが、この日はいつものワイルドボンバー、デスバレーボムといったワイルド殺法に加え、武藤の得意技であるドラゴンスクリューを踏ん張ってしのぎ、そこから三角締めに移行するという作戦で武藤を翻弄。ワイルドにインテリジェンスをトッピングした戦いぶりで再三、王者を追い込んだ。しかしインテリジェンスの戦いになっては武藤のほうが一枚も二枚も上。ならばとばかりに、征矢が前回の対戦でギブアップを奪ったサソリ固めを狙うと回転して変形の4の字固めへ。そしてエプロンの征矢へのドラゴンスクリューで流れを変えると、逆回転のドラゴンスクリューと征矢の上を行く武藤。最後はシャイニングウィザード、セカンドロープからの低空ドロップキック、正調のドラゴンスクリューと畳み掛け、足4の字固め。「選手生命の危機を感じた」という征矢はたまらずギブアップした。

 シャイニングウィザードを何度も防御され、雪崩式フランケンシュタイナーまで繰り出しての勝利に武藤は試合後、「ただのバカと言ったのは訂正する」と征矢を称えた。試合中にスタミナが切れかかる場面もあり「ヒザが悪くて心肺機能を鍛えるトレーニングができない。15年前の武藤敬司を100としたら今は30くらい。ごまかしてプラス40の70でやってる。正直焦りは感じている」と話した。

 この日は次期挑戦者に名乗りを上げる選手が現れなかったことから、次の防衛は「他団体かも。他団体だと遠慮がないから落とす可能性もあるな」と語った。


 セミファイナルでは「WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ」が行われ、カズ・ハヤシ、近藤修司組のチーム246がデスペラードのKAZMA SAKAMOTO、土肥孝司組を破り、4度目の防衛を飾った。1・11後楽園大会で防衛後の王者を襲い、ベルト強奪という暴挙を働いたデス軍は「デスペラード式ピラニアマッチ」という特別ルールとサブレフェリーとしてMr.ロバートという謎の外国人の採用をゴリ押し。王者組がその条件を飲んだことから、試合は思いがけない展開に。

 まずはゴング前にメーンレフェリーの神林レフェリーを土肥がラリアットで蹴散らすと、ロバートがゴングを要請。ちゃっかりメーンレフェリーの座についてしまった。実力的には1枚も2枚も上の王者組だが、リング下に落とされては河野、TAJIRIの攻撃を食らう。リング上ではロバートレフェリーの高速カウントや王者組のタッチを認めないという悪徳レフェリングに悩まされ、あわやというところまで追い込まれた。調子づいてリング上にまで乱入してきたデス軍だったが、ここに落とし穴が。TAJIRIの毒霧がロバートレフェリーに誤爆。レフェリー不在の無法地帯となったリングに今度はWRESTLE-1のセコンド陣が堰を切ったように乱入し、河野とTAJIRIを排除すると近藤がキングコングラリアットで土肥をフォール。蘇生した神林レフェリーが3カウントを数え、王者組が勝利を収めた。

 試合後にはこの日、中之上靖文、児玉裕輔組を破った吉岡世起がリングに現れ、田中稔とのコンビで対戦を要求。タッグ戦線は246を中心にめまぐるしく動いている。
NULL
 またこの日はWRESTLE-1とZERO1の対抗戦「KASSEN」が2試合組まれた。

 昨年11月に行われた対抗戦で大谷に挑み、敗れはしたもののけれんみのない戦いっぷりで、一気に注目を集める存在となった稲葉大樹とZERO1の田中将斗が対戦。この日も大谷以上の強い当たりを見せる田中に対して、食らいついていった稲葉だったが、田中の壁は高く、7分23秒、スライディングDからの片エビ固めで完膚無きまでに叩きのめされた。

 一方、昨年12月の後楽園大会で遺恨が生まれた船木誠勝と鈴木秀樹はそれぞれ黒潮“イケメン”二郎と小幡優作をパートナーにタッグ対決。黒潮のおなじみの入場パフォーマンス時にジャケットを剥ぎ取るという鈴木の“暴挙”で幕を開けた一戦は、お互いに意地をむき出しの激しい戦いに終始。事あるごとに互いに髪をつかみ合いにらみ合う船木と鈴木に触発され、黒潮と小幡も激しい攻防を見せる。最後は場外で鈴木が黒潮を椅子でメッタ打ちにしている間に、船木が小幡をトライアングルアームバーで沈め試合を終わらせた。試合後も収まらないZERO1軍はなおも突っかかっていくが、本来乱闘を静止するはずのセコンド陣とももみ合いが始まり、リングは収集がつかない状況に。船木がマイクで「やめろ。ZERO1でやれ。下がれ」と一喝。この場は収まったものの、両軍とも怒りは沸点に達しており、今後の展開は予想もつかない状況となってきた。

 なおこの日は、次回2月13日の後楽園ホール大会でグレート・ムタが参戦することが発表された。