か、かわいい……。思わぬ母性の芽生えとWRESTLE-1観戦記〈不定期プロレス女子企画〉

 最近の後楽園ホールは「プロレス女子」が客席の半数を占め、黄色い声援が飛んでいるらしい…という噂に気後れしながら足を踏み入れた、金曜の夜。さすがに50%には及ばないものの、なるほど確かに可愛らしい雰囲気の女子たちが。はてさて皆さんのお目当てはいったい…??

 いっぽう、当初「推しメン探し」に鼻息を荒げていた当方はといえば、メインイベント含めての全8試合は女性ホルモンよりも眠れる母性が呼び覚まされるものでした。


 では、なかでも乳腺刺激ポイントが高かったカードはというと…


 まずは2014年11月の対抗戦でZERO1・大谷晋二郎へと必死に立ち向かう姿が支持されて注目度が急上昇中の稲葉大樹の一戦。立ちはだかるのは弾丸ヤンキース・田中将斗!相変わらずイイ感じの男臭が立ち込める田中選手の身体は今日も完璧です、照り照りです、美味しそうです。稲葉へ「エルボーはこうすんじゃ!」と繰り出す姿や挑発する言葉と仕草の数々には、任侠とも父性ともとれる男の生き様を見せられているような感覚が。対する大樹クンのひたむきさに男女ともに胸アツなのは間違いないが、この「もうやめてあげて」な感じは、これから先、いかにひっくり返るのか。拳を浴びた分の成長を見届けたいものです。


 続いて、タッグマッチ、【Too Sharp】田中稔、吉岡世起 vs 中之上靖文、児玉裕輔。お、チーム中玉、かわいい。負けは負けだが、タイトルをめざして一生懸命な姿はやはり素人目にキュンとくるものがあります。若手がW-1を盛り上げていかねば!という牽引力も感じられ、俄然応援モードに!とくに児玉クン、母性本能をくすぐる風貌ですね。Too Sharpの“いかにも”なイケメン風味とのコントラストも良かったかも。試合内容とも相まって、「こんな子、産みたいもんだな」と妄想する次第。


 船木誠勝、黒潮“イケメン”二郎 vs 鈴木秀樹、小幡優作(ZERO1)は、カードへの注目度はさておきイケメン氏が気になるだけに船木vs鈴木のバチバチとした構図のなかで見ることになったのがちと残念。いずれにしてもほっとけない。そもそも、いったい彼がどうこじれて(失敬)イケメン自称し始めたコなのかがイマイチよくわからないままなのですが、TAJIRIの影響を受けて開発したらしいそのキャラの更なる躍進へ興味は増すばかり。



NULL
 そしてメイン、WRESTLE-1チャンピオンシップ、武藤敬司vs征矢学。武藤からは事前に「ただのバカ」と評されていた征矢ですが、いち女性客にしてみれば一見バカなオトコのコというのは可愛いもので、サソリ固めがキマることをほんのり祈っておりました。結果は武藤防衛ながら、今宵の征矢の闘姿には御大も評価を訂正。まだまだ伸びしろがあるってことですよね、次に期待しちゃいます。征矢自身が言うワイルドは何なのかよくわからないままだけど、そっと観察していたい野生動物なのは確か。

 ところでチャンピオンシップ、さあ次はいったい誰が名乗りをあげてくるのかしら、とドキドキしていたのですが、残念ながら挑戦表明はなし。
そんな様子からしても、ストーリーを担ってほしい中堅の物足りなさは感じるものの、若い選手の台頭を見守ってゆきたいところ。2月13日にデビューするという2人にもキュンキュンできるといいな。

 そして、W-1では、女子にうれしい企画が続々!
 まず、2月13日(金)東京・後楽園ホール大会ではバレンタイン・イベント!アンダー30の8選手のうち1名にプレゼントを直接渡すと、3秒間ハグしてくれるそうです。3秒かあ、本日のタッグマッチを荒らした悪徳副レフェリー、Mr.ロバートばりの長い3カウントだとうれしいのだけれど。

 さらに4月1日の「WRESTLE-1 TOUR 2015 Cherry blossom」には、女性限定席「Girl’s Seat」ができるそう。これで、まだまだ観戦には及び腰だった淑女たちも安心して見に行けますね!!(柄本愛美)