求刑公判でナッツ姫vs客室責任者

2015.1.23〜2015.2.5 NEWS HEADLINE〈PHOTO OF THE WEEK〉
 離陸直前の大韓航空機を引き返させたとして、航空保安法違反などの罪に問われた同社前副社長の趙顕娥(チョ・ヒョナ)被告(40)らに対する求刑公判が2日、ソウル西部地裁で開かれ、検察は趙被告に懲役3年を求刑した。公判には、趙被告から罵倒され暴行を受けた末に、引き返した旅客機から降ろされたという客室責任者パク・チャンジン氏が、制服姿で証人として出廷。機内で趙被告から受けた仕打ちについて非難。趙被告や大韓航空からは謝罪がないことも明らかにした。パク氏は「私は一組織の単なる労働者として消耗品になるだろうが、これまでの19年間、会社を愛した心や同僚らの思いを察してほしい」と涙ながらに語った。