アートの”いのち”は受け継がれていく 岡本太郎の「生命体」 – TOKYO HEADLINE