「色で老人を喰う」恐ろしき稼業、戦慄の犯罪小説 – TOKYO HEADLINE